記事

日生、第一生命が、新型コロナウイルス感染症による死亡・高度障害状態に対して、災害死亡保険金・災害高度障害保険金等を支払うことを発表。

4月16日、日本生命と第一生命はそれぞれHPにて、新型コロナウイルス感染症による死亡・高度障害状態に対して、災害死亡保険金・災害高度障害保険金等を支払うことを発表*しました。

*詳しくはこちらをどうぞ。
4/16・日本生命ニュースリリース 「新型コロナウイルス感染症」に罹患されたお客様の災害死亡保険金等の特別取り扱いについて(PDF)

4/16・第一生命ニュースリリース 「新型コロナウイルス感染症」に関連した対応について~災害割増保険金等に規定する「感染症」の範囲拡大について~(PDF)

【管理人の感想】

日本生命と第一生命の取り扱い内容は、以下の通りです。

・日本生命

1)災害死亡保険金、災害高度障害保険金等の災害に関する保障がある個別保険

 対象期間中※に「新型コロナウイルス感染症」を直接の原因として死亡・高度障害状態に該当した場合(医師の診断を必要とする)には、災害死亡保険金・災害高度障害保険金等の支払い対象とする。

2)特別条件のうち、保険金削減支払法及び特定部位不担保法がある個別保険
 対象期間中に「新型コロナウイルス感染症」によって保険金・給付金の支払事由に該当した場合(医師の診断を必要とする)には、保険金削減・給付金不支払を行わない取り扱いに変更する。

※対象期間:これまでに支払事由に該当した場合も含めて、4月16日以降適用。

なお、「新型コロナウイルス感染症」の状況を踏まえるとともに、政令において指定感染症に対象外になるなど災害保障の概念に適さなくなった場合等は、事前に周知したうえで取り扱いを終了する場合がある。

・第一生命
 災害割増金等に規定する「感染症」の範囲を拡大し、「新型コロナウイルス感染症」を原因として死亡及び高度障害状態になった場合に、災害割増保険金等を支払う(これまでに支払事由に該当した場合も支払う)。

※詳細の決定次第、改めてホームページ等で通知。

◇請求手続き

 提出した災害割増保険金等の必要書類(請求書・死亡診断書等)に記載された病名等で保険金等の支払いを判断する。

対応に異なる面もありますが、新型コロナウイルス感染症による死亡・高度障害状態を、災害死亡保険金等の支払い対象とした点では両社とも共通していますね。

これはあくまで個人的な見解ですが、両社がこのような対応を決定した背景には、4月10日に金融庁から生命保険協会等に出された、保険約款の適用等について(要請)があると考えています。

他社はどう動くのか…注目しています。

↑、成虫へと脱皮するキリギリス・♀(昨年7月撮影)。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  9. 9

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。