記事

不合理なルールに縛られるな、という話。

1/2

先週の「緊急事態宣言」から1週間経ち、首都圏では、いわゆる「テレワーク」によるオペレーションが所定になった会社もかなり増えたのではないかと思う。

早いところでは3月中から、動きが鈍かった会社でも4月に入ってからはさすがに、ということで、それまでの「仕事は会社に行ってするもの」という固定観念がガラリと変わってきた状況でもあるのだが、それとともに、「在宅だとやっぱり不便」とか「生産性が落ちる」という声から、「ストレスが・・・」的な声まで、ネガティブな声もちらほら聞こえてくるようになってきた。

自分は、「PC1台持ち歩くだけで、いつでもどこでも仕事ができる」という生活をこの1年謳歌してきた人間だから、一般的な仕事の仕方として「固定したオフィスに縛られるのが良いか、それとも自分のスペースで仕事ができるのが良いか?」と問われれば、当然後者に決まってるじゃないか!、という答えしか出てこない。

とはいえ、会社時代の経験に照らして考えると、「テレワーク万歳!!」とは言い切れないところも当然あるな、と思うわけで。

まず、何よりも一番大きいのは、「ハード面の問題」だろう。

「会社から仕事用に支給されているのが持ち歩けないデスクトップPCで、それ以外のPCから社内のシステムにアクセスすることも不可能。よって、「在宅」と言われても手元に何も仕事を進めるための武器がない。」

というのが、「在宅」と言われて一番困る典型的なパターンで、ここ数週間、相談を受けてきた中でも、意外とそういう会社はまだ多かったんだな、というのが素朴な実感だったりする。

また、

・自宅に持ち帰れるPCはあるのだけど、自宅の通信環境が脆弱で仕事がはかどらない。
・社内システムに接続しようとしても回線が重くてなかなかつながらず、ストレスになる。
・社内システムが過剰なセキュリティ重視志向で設計されてしまっているので、社内から接続するときに比べてあまりに手間がかかる。

といった問題も当然出てくる*1

そもそも、多くの会社では、こんなに大規模に、現場以外の社員が「原則全員」テレワークに移行するような事態を想定してリモート接続のシステム設計をしていないはずで、原則と例外が逆転してしまった結果、ハード面での不都合が随所に出てくるのは避けられないところだろう。

さすがにこの「例外的事態」が、数日、数週間のレベルから「数か月」レベルに拡大していきそうな状況になって、それに合わせた対応を急ピッチで進めている会社は多いので、来月になればだいぶ状況は改善されるのでは?と期待したいところではあるのだが、「やむなく出勤」している人々が一定数残っている背景には、そういう事情もある、ということだけは、ちゃんと心に留めておく必要があると思っている*2

仮に「ハード」面の問題はクリアできていても、次に来るのは「代替オフィスの環境」面の問題。

単に部屋が狭い、とか、仕事用の机がない、という話であれば、工夫次第でどうにでもなるところはあるのだが、小さいお子さんがいる家庭で、しかも夫婦二人とも在宅で「仕事」をしなければいけない、という状況だと、そりゃあまぁ誰がどう見ても一日8時間仕事に専念し続けるのはキツイでしょう、という話になる。

数日前の日経紙には、「2歳女児を育てる埼玉県ふじみ野市の女性会社員(37)」のコメントとして、

「「子供をそばにおいての在宅勤務だと成果は半分ぐらいになる」と悩む。昼休みが45分と決まっているのも頭が痛い。昼ご飯を用意し、食べさせ、片付けるのに1時間は欲しいが「規定以上に休むと、チャットツールで離席が分かってしまうので気まずい」」

「「成果は半分」だから半休扱いにしてもらおうか。昼休みの15分延長が可能か。上司に相談もできるが「人事が対応してくれるかは心もとなく、自分が頑張ればいいと思ってしまう」と漏らす。」

(日本経済新聞電子版2020年4月14日 23:00配信)

ここは、そもそもの話として、「今のような状況で求められる『成果』なるものが、平時と同様のボリュームのものなのか」という素朴な疑問があったりもするのだが*3、それをさておくとしても、個人的には、今のような状況になろうがなるまいが、ホワイトカラー、特に法務部門で仕事をしているようなブレインワーカーにとっては、「8時間ずっと仕事し続けないと仕事したことにならない」仕事なんて存在しない、と思っているので*4、そこはルールを柔軟にすることで対応できる部分はいくらでもあるはず。

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。