記事

さて、東京都知事選挙は予定どおり出来るのかな?

2ヶ月後に迫っている東京都知事選挙だが、今の状況で、予定どおり執行出来るのだろうか。

今日投開票の衆議院静岡4区補欠選挙はどうにか当初の予定どおり出来たが、選挙関係者の皆さんのご苦労は大変だったようである。
まあ、同姓同名の候補者が立候補する選挙ということで、それなりに世間の注目を浴び、投票率もそこそこに行っているようだが、選挙運動自体は大分静かだったようだ。

選挙運動の街宣車はしっかり選挙区内を回っていたのだろうが、街頭演説がどの程度行われていたのか、どこでどんな集会があったのかどうかなど部外者の私たちにはまったく分からない。

補欠選挙が告示された当時、静岡県は緊急事態宣言の対象地域外だったから、予定どおり執行することになったのだろうが、今は全都道府県が緊急事態宣言の対象地になっているから、多分、補欠選挙の執行は延期になったはずである。

いつ現在の緊急事態宣言が解除になるのか、緊急事態宣言がさらに延長されることになるのかならないのか、今は実に際どいところだと思うが、事態が好転しないとまず5月中旬頃までは緊急事態宣言が継続していると思っていた方がよさそうである。

6月18日に公示される予定の東京都知事選挙は、やってやれないことはなさそうだが、それでも万一の場合を想定して相応の準備をしておいた方がいい。

ここに来て複数の方がインターネット投票の導入を提案されているが、まず今回の東京都知事選挙には間に合わない。

しかし、インターネット投票制度実現に向けて今のうちに環境整備を進めていくのは大事なことである。

こういう分野に強い国会議員は、与党にも野党にもおられるはずである。
上手くすれば、日本の選挙を大きく変えることが出来る。
選挙が変われば、政治も変わる。

与野党を問わず、国会議員の皆さん方に大いに奮闘してもらいたいものである。

皆さんの出番ですよ。

あわせて読みたい

「東京都」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  5. 5

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  6. 6

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。