記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:“特別”なiPhone、再び!密かに発表されたiPhone SE(第2世代)の魅力をメリット・デメリットとともに考察する【コラム】

1/2

iPhone SE(第2世代)について考えてみた!

モバイル系ニュースを日々チェックしいるようなみなさんならすでにご存知かとは思いますが、新型コロナウイルス感染症関連で各メディアが埋め尽くされる中、先日ひっそりと発表されたスマートフォン(スマホ)があります。Appleの「iPhone SE(第2世代)」です。

発売日は4月24日(金)を予定しており、すでに4月17日よりAppleの公式Webストアでは事前予約が始まっています。また移動体通信事業者(MNO)であるNTTドコモやau(KDDI・沖縄セルラー電話)、ソフトバンクの3者も4月20日(月)からの予約開始を発表しており、発売日は4月27日(月)です。
※新型コロナウイルス感染症問題を受けた緊急事態宣言に従い、一部MNOではオンラインショップおよび公式サイトのみでの受付となります。詳しくは各社公式サイトをご覧ください。
価格はAppleの公式WebストアにおけるSIMフリー版の場合、64GBが44,800円(以下、すべて税別)、128GBが49,800円、256GBが60,800円と、iPhone 11 Proシリーズの半額以下です。さらに下取りも活用すれば29,800円から購入でき、価格的なインパクトは十分でしょう。

iPhone SE(第2世代)の魅力はチップセット(SoC)や機能面でも多くあり、価格だけではありません。一方、時代的な変化からのメリットやデメリットをハッキリと感じられる製品でもあります。果たしてどのような人に向いている機種なのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhone SE(第2世代)の魅力や、そのメリットとデメリットを考察します。

as-124-002
圧倒的な安さに思わず欲しくなる

■価格は下げても性能は向上!


本機はiPadやAirPodsなどと同じようにAppleの通例にならい、相変わらず「第○世代」という呼び方(区別)をしているため、名称での分かりづらさがあります。素直にiPhone SE2とでもすれば良かったのに、と思ったのは筆者だけではないでしょう。

初代iPhone SEが発売されたのは2016年ですので、4年越しでの後継機種ということになります。端末のリプレースタイミングとしては若干遅かった気もしますが、安価で小型のiPhoneを求める声に応じた形での発売となりました。

ただし、小型と言っても画面サイズは4.7インチで、筐体デザインも含めてiPhone 8の事実上の後継機種、もしくはリニューアル製品といった位置付けです。画面サイズが4インチだったiPhone 5sのスペシャルモデルとして登場した初代iPhone SEからは、若干大型化しました(そもそも「SE」とは「Special Edition」の略)。

2019年9月にiPhone 8が価格改定した際には、公式オンラインストアで64GBが52,800円、128GBが57,800円だったため、それぞれ価格が8,000円下がり、さらに256GBモデルがラインナップされた形になります。

as-124-003
iPhone SE(第2世代)と同サイズの「iPhone 8」。決して「小さい」とは言い難いが、それでも現在発売されているiPhoneシリーズの中では最小・最軽量となる

iPhone 8から価格は安くなりましたが、性能を犠牲にしているわけではありません。チップセット(SoC)には最新のハイエンドモデル「iPhone 11 Pro」と同じ「Apple A13 Bionic」が搭載され、安いから処理速度が遅いのでは、といった心配は全くありません。

防沫・耐水・防塵性能やFelica対応なども万全で、ディスプレイにはTrue Toneや広色域ディスプレイ(P3)などの最新技術を投入したRetina HDディスプレイを採用。背面カメラも単眼ながら性能を強化しており、光学式手ブレ補正を搭載した約1200万画素の広角カメラでは4K動画撮影が可能です。

as-124-004
低価格端末でハイエンドの性能を楽しめるのは素晴らしい

■ホームボタンにこだわりのある人こそ購入すべき端末


そして何よりも、これまで初代iPhone SEやiPhone 7、iPhone 8などを愛用してきた人にとって最大の魅力となるのが、指紋認証付きホームボタンの存在ではないでしょうか。かくいう筆者も今でこそiPhone Xシリーズ以降の顔認証に慣れましたが、ホームボタンの素早い起動や扱いやすさには多少の未練があるほどです。

顔認証のほうがセキュリティレベルが高く、ホームボタンがないほうがデザイン的にもディスプレイの広さ的にも好ましいことは認識していますが、テーブルに置いた状態からでも画面を覗き込むことなくサッと起動できたり、特別な設定をせずともアプリ操作に影響を与えないホームボタンはやはり便利なのです。

また、マスクをしていても問題なく瞬時にロック解除が行える指紋認証機能は、新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を奮う現在、奇しくもメリットの1つとなってしまっているのは間違いないでしょう。

as-124-005
Face IDはマスクをしていても認証が通るように改善されてきているものの、やはり認証精度がかなり落ちる

ただ、先進性という点では現在販売されている多くのAndroidスマホに遅れを取っている感は否めません。

Androidスマホでは顔認証と指紋認証など、複数の生体認証システムを持つ機種が少なくありません。顔認証が使えない場合には指紋認証を、さらにどちらも利用できなければパターン認証を、といったように複数の認証システムを利用できる利便性は、Androidスマホに軍配が上がります。

as-124-006
ASUS製「Zenfome MAX (M2)。実売3万円前後の非常に安価な端末だが、顔認証と指紋認証の2つの生体認証に対応する

とは言え、物理キー(厳密にはセンサー方式だが物理的に独立したキーという意味で)としてのホームボタンの安心感はやはり大きく、これまで初代iPhone SEなどで使い慣れてきた人には何も違和感なく使えるという最大のメリットがあります。

これまでホームボタンのあるiPhoneシリーズを愛用してきた人で、画面の大きさよりも端末の軽さや持ちやすさを重視したい、という人には強くオススメできる機種だと思います。

as-124-007
顔認証は使いづらいと、わざわざiPhone XシリーズからiPhone 8などへ戻した人もいるほどだ(画像はiPhone 7)

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  8. 8

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  9. 9

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  10. 10

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。