記事

内なる議論ばかりに終始し、有効な対外政策を打ち出せない日本

騒ぐばかりで何一つ効果的な対外政策を与党も野党も打ち出せない 政治家たち。

 自信を持って解決策を提示できない官僚、専門家、有識者たち。

 それらを垂れ流すだけのメディア。

 これが竹島・尖閣問題に対する今の日本の現状だ。

 なぜこのような混乱が起きるのか。

 正しい解決策は何か。  それについての私の結論は何度も書いてきたから繰り返さないが、 ここでは論点だけを整理して読者の考えの参考に供したいと思う。

 それは決して私の考えを押しつけるというのではない。

 読者が自分の頭で考えて自らの答えを出せばいいのだ。

 しかしそのためには歴史をよく学ばなければいけない。

 知識の裏づけのないままに思い込みや感情論で断言することほど 無責任なことはない。

 私の言う論点とは何か。

 一つは李明博大統領の天皇謝罪発言問題と竹島領土問題を切り 離して論じなければならないということだ。

 天皇謝罪発言問題は看過してはいけない日本にとっての大問題で ある。

 二つは領土問題と歴史認識問題を混同してはいけないということだ。 歴史認識問題こそ国論を二分する問題であり、この問題を日本の政治 が日本の問題として解決しないかぎり正しく力強いアジア外交はいつまで たってもできない。

 三番目には我が国の領土問題は日米同盟関係と切り離して考えては いけないということだ。我が国の領土問題はすべて対米従属外交の故に、 米国に振り回されているのだ。

 そして最後にメディアの無責任さである。

 メディアは自らの立場を明確にせずに、いや、出来ないまま、領土問題 や歴史認識問題を報じ続ける。識者の意見を並べ立てる。無責任の極みだ。

 かくして尖閣諸島問題や竹島問題は内なる議論ばかりが繰り返され、 中国や韓国に対する明確で力強い外交が打ち出せないまま国の威信を 失っていくことになる・・・

あわせて読みたい

「尖閣諸島」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  3. 3

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  4. 4

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  5. 5

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  6. 6

    TBS出演医師 テレ朝でも政府批判

    水島宏明

  7. 7

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  9. 9

    突然の休校要請は社会を破壊する

    かさこ

  10. 10

    休校よりも仕事を7日間休ませよ

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。