記事

このままでは都知事選挙・衆議院解散総選挙も危うい。オンライン投票・ネット投票の真剣な検討を!

1/2

それにしても、足元の感染症拡大の状況を見ますと、7月の都知事選挙はこのままやるべきではないことは明らかですし、その後の解散総選挙すら危ういと思っています。

実際に選挙活動をやっていた立場から断言しますが、3密などに気をつけながら各陣営、いつもより消極的な選挙戦を展開しているとはいえ、選挙運動が感染症拡大防止にプラスになるわけがありません

配るチラシに「証紙」を貼るという作業のために人が集まり、そのチラシを通行人に手渡しする。

選挙がスタートしてしまえば、圧倒的に有利な現職以外はリスクがあるとわかっていても、この作業に恐る恐る着手せざるを得ません。

新型コロナウイルスは、活動制限で一旦は感染拡大を封じ込められたとしても、また活動を再開すると感染が広がることが明らかになりつつあります。これは、ワクチンや治療法が確立されるまで続くでしょう。

であれば、6月下旬スタート・7月5日投開票の東京都知事選挙はほとんど絶望的です。

都知事選挙を行えば、区長選挙とは比較にならない数の関係者が動き回ります。投票所の数もケタ違いです。

候補者陣営が選挙運動をしなければ良い?

絶対無理です。

前述の通り、超絶有利な現職以外は活動をせざるを得ません。候補者とて選挙戦に命をかけてますから、それを全部止めることは残念ながら不可能でしょう。

そしてアナログな公営掲示板へのポスター貼りや証紙貼りは、人の集合や動きを制限して完遂することはできない行為です。

特に東京都知事選挙は、有力候補以外にも候補者が乱立することで有名ですから、10~20陣営程度が動き回ることになるでしょう。取材をするマスコミの動きも活発です。

そして東京都内にある投票所の数、開票に関わる人の数も膨大です。感染症が広がらないと言える要素がどこにあるでしょうか?

ほぼ間違いなく、都知事選挙は1年間の延期・2021年の都議会議員選挙と同時開催あたりをベンチマークにしておくのが妥当だと思います。

あわせて読みたい

「ネット選挙運動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  2. 2

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  3. 3

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  4. 4

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  5. 5

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  6. 6

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  7. 7

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  8. 8

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  9. 9

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  10. 10

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。