記事

日本ではニュースバリューが下がった「マイナス成長」

「中国国家統計局が17日発表した2020年1~3月の国内総生産(GDP)は物価の変動を除いた実質で前年同期と比べて6.8%減った。19年10~12月(プラス6.0%)から大きく落ちこみ、四半期の成長率としては記録がある1992年以降で初めてのマイナスだった」

(17日付日経電子版 「中国、初のマイナス成長 1~3月6.8%減」

中国の成長率が▲6.8% と初めてマイナス成長になったことは大きなニュースだが、日本の2019年10-12月期の成長率が消費増税の影響で▲7.1%となったことに比べたら可愛らしいもの。日本のGDPにコロナウイルスの影響が加わるのはこれからだ。日本の1~3月期のGDP速報値が発表されるのは5月18日。

日本では1994年4-6月期以降の103四半期のうち、29四半期(約28%)でマイナス成長を記録しており、「マイナス成長」のニュースバリューは落ちているということかもしれない。

ちなみにアベノミクスがスタートした2013年1-3月期からの28四半期でみても、25%の7四半期はマイナス成長であり、その前の75四半期のマイナス成長比率 29.3%と比較してもそれほど大きな違いはない。大きな違いは事実とは関係なく「経済成長」が誇張されてきたことだ。

あわせて読みたい

「アベノミクス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  4. 4

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  9. 9

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    トランプ氏 レバノン爆発は攻撃

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。