記事

WHOを「中国寄り」と激しく攻撃するトランプ大統領の狙い

1/2

驚きの対抗策「958億円の資金援助をストップ」

アメリカのドナルド・トランプ大統領の言動には驚かされることが多いが、今回はWHO(世界保健機関)への拠出金の停止である。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(スイス・ジュネーブ)=2020年2月28日
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長(スイス・ジュネーブ)=2020年2月28日 - 写真=AFP/時事通信フォト

トランプ氏は4月14日、ホワイトハウスでの記者会見でこう述べた。

「WHOは中国寄りで新型コロナウイルスの対策を誤った。基本的義務を果たすことに失敗した。責任を問われなければならない。資金の拠出を止める」

「WHOが早い時点で中国の感染状況の実態を把握し、不透明さを指摘していれば、感染拡大を抑え込めた。死者を少なくすることができた。今後、アメリカ政府としてWHOの対応を検証する」

検証は60~90日かけて実施され、この間、WHOへの拠出は全てストップされるという。アメリカは2018年から2019年にはWHOの全予算の16%にも相当する8億9300万ドル(958億8800万円)を拠出している。アメリカの底力を示す資金援助の額だ。これだけの資金が消えれば、WHOの活動に間違いなく深刻な影響が出る。

トランプ氏は何を狙っているのだろうか。ここで思い出されるのが、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長に対する対応だ。

会うまでは「リトルロケットマン」とバカにしていたが…

2人の史上初の米朝首脳会談は2018年6月12日にシンガポールで行われた。この会談が行われるまでトランプ氏と金正恩氏は犬猿の仲だった。ミサイルの発射を繰り返す金正恩氏に対し、トランプ氏が「リトルロケットマン」とからかえば、正恩氏は「老いぼれ」と罵った。

それがどうだろうか。シンガポールでの米朝首脳会談では10秒以上も固い握手をして笑顔を見せ合った。トランプ氏が「とてもいい人だ。頭もよく、優れた交渉者で才能がある。自分の国を愛している」と金正恩氏を褒めちぎると、それに応えて金正恩氏は「すべてを乗り越えてここまできた。会談の実現に努力をしてくださったトランプ大統領に感謝する」とまで謝意を示した。

最近のアメリカと北朝鮮の関係はともかく、この時点でトランプ氏は金正恩氏の心をつかんでいた。

WHOのトップが新興感染症の流行国に乗り込でいた

交渉相手をとことん追い込み、弱ったところを見計らって助け舟を出し、自分の言うことを聞かせる。これがトランプ氏のやり方なのである。

WHOに対しても追い込むだけ追い込み、その後で国連に何らかの条件を出すだろう。その条件は中国寄りのテドロス事務局長の更迭に違いない。テドロス氏の母国はエチオピアだ。エチオピアはアフリカの中で最も中国と親密だ。テドロス氏はエチオピアで外相と保健相を務めていた。

WHOが中国・武漢市での新型コロナウイルス感染症のアウトブレイク(流行)を察知したのは、昨年12月31日だった。今年1月5日には、WHOは最初の情報を世界に向けて発信している。だが、その発信は「中国では人から人への重大な感染は報告されていない」といういまから考えるかなりお粗末な内容だった。その後も緊急事態の宣言を見送るなど対応には中国への配慮がうかがえた。

なかでも沙鴎一歩が驚かされたのは、1月28日のテドロス氏の訪中だった。訪中して習近平・国家主席と会談まで行っていた。会談の内容は明らかにされていないが、通常、WHOのトップが新興感染症の流行国に乗り込むようなことはまずない。まず入るのは疫学の専門家チームであるのが常識である。それが最初にトップが乗り込んだ。テドロス氏の動きは政治的以外の何ものでもない。トランプ氏の怒りにうなずける側面もある。

「トランプ対WHO」「アメリカ対中国」の行方は?

トランプ氏には、前述したテドロス氏の更迭以外にもうひとつ大きな思惑がある。11月の大統領選を少しでも有利に運ぶために、アメリカに世界最悪の感染者数と死者数を出した責任をすべてWHOに転嫁し、「初動対応が遅れた」という自身への批判をかわそうと考えている節がある。

事実、トランプ氏に対しては政権内部でも「政権幹部の警告を軽視し、対応が後手に回った」との批判が強まっている。野党民主党の全国委員会は声明を出し、資金拠出停止は「自らの失敗への批判をそらすため」と批判している。

WHOのテドロス事務局長は15日、スイス・ジュネーブの本部で記者会見し、「拠出金の停止は遺憾だ。今後は加盟国と協力して財政的な欠落を埋める」と述べた。中国も同日、「重大な懸念」との見方を示した。

「トランプ対WHO」「アメリカ対中国」の行方は今後どうなるのか。新型コロナウイルスの収束が見えない中で、大きな懸念材料である。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  7. 7

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。