記事

「電通株:2002年3月に76万9000円→2000円と384分の1に」の誤りは?

株価を理解する上で興味深い題材となるニュースです。

徐々に落ちている電通株に警鐘? 海外企業の大型買収による負担危惧 (週刊実話)
発表した7月12日の終値は2306円だったが、その後、2000円を切る目前まで下がってしまった。
 '01年に上場し、'02年3月に76万9000円をつけた電通株、いまではその384分の1になってしまったのだ。


電通の株価が低迷しているというニュースですが、今回のポイントは「'02年3月に76万9000円をつけた電通株、いまではその384分の1になってしまったという記述です。
あたかも電通の価値が上場来の高値から1/384になってしまったかのような報道です、が…ここには誤りと言える致命的な見落としがあります。


[投資家情報] > [株式・社債・格付け情報] (電通のIR)
電通のIRを見ると分かりますが、2004年5月20日に1株→2株への株式分割、2009年1月4日に1株→100株の株式分割を実施しています。週間実話の記事はこの株式分割を考慮していません。

2004年5月20日以前の1株は今の200株に相当します。
2002年の電通株と今の電通株を比較するならば、「2002年の株価 vs 今の株価×200」が正当な比較になります。今の株価が2027円なら2027円×200株=40万5400円です。

2001年11月30日の上場初値が42万円ということを考えると、現在の電通の株価水準は上場時並となります。


週間実話の記事は株式分割を考慮しない書き方でしたが、企業価値や株式価値を考える時には株式分割や増資等を考慮しないとおかしなことになります。

一般的な株価チャートでは株式分割された場合にはそれを反映した形に修正されているので、そのまま利用して問題なしです。逆に分割されている株式で分割前の株価を知りたい時は、株価チャートの数字をそのまま使うのではなく分割分を補正する必要があります。

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  4. 4

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  10. 10

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。