記事

給与交渉で年収アップすることある?「欠点見つけては昇給断られる」「入社時の給与交渉が大事」

給与交渉で年収アップすることある?

就職や転職先を選ぶ際に、最も重視する要素の一つが給与だろう。希望の年収に近付けるためには、面接時の給与交渉が肝心になってくる。今回は企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた投稿でも

「入社後はあまり上がらないので、入社時の給与交渉が大事になってくるかと思います。役職がついても、微々たる額でしか金額は上がりません」(法人営業、30代後半、女性、正社員、年収450万円)

といった実態が報告されている。今回は、投稿の中から給与交渉に関する口コミを紹介する。【参照元:キャリコネ】

年に1度の面談はあるものの「昇給は期待しないほうがいい」

「給与については、最低賃金を割る勢いです。年に1度、社長面談はありましたが、給与交渉というほどのものではなく、昇給も期待しないほうがいいです」(ライター、20代後半、男性、正社員、年収175万円)

「昇進しても給料が劇的にあがることはほぼない。評価面談をしても、給与交渉はありません。ある日一方的に『あなたの来年度の給料が決まりました』というメールがきます」(マーケティングコンサルタント、30代前半、男性、正社員、年収540万円)

給与をアップしたくても、そもそも給与交渉の場が意味をなしていないという口コミが、みられた。面談はあっても金額の話にならない、昇給に結びつかないといった経験をしている人は多いようだ。

「給与交渉は意味が無いに等しい。欠点を見つけては、それを理由に昇給は断られる。何かと笑って誤魔化されたり、伝えたことを忘れられたりと、不安は大きい」(ショップスタッフ、30代前半、女性、派遣社員、年収270万円)

面談は社員にとって、自身の成果をアピールして昇給希望を伝えることができる場だ。だが、せっかくアピールしても、あら探しを受けた結果断れるという人もいた。給与交渉の機会が形骸化してしまうと、社員もモチベーションが保てなくなってしまうだろう。

給与アップを希望するなら「入社時の給与交渉」

給与交渉に関する口コミの中には、「入社時の給与交渉」の重要性を訴えるものも多く見られた。

「出世はかなりスローペースです。給与もほとんどあがりません。入社時の給与交渉が大切になるでしょう」(その他、40代前半、男性、正社員、年収480万円)

「入社してからは大きく昇給しないので、中途の人は、入社時の給与交渉をきちんと行ったほうがいいです」(プログラマー、40代前半、男性、正社員、年収500万円)

入社後の昇給は見込めないなら、入社時にしっかり給与交渉して、納得いく金額を得られるようにする必要がある。同業種での中途採用など、経験や実績を積んでいる人であれば、転職時に年収を上げる給与交渉は比較的しやすいだろう。

とはいえ、なかなか言い出しにくいお金の話。しかし、報酬に見合う成果を出している自負があるなら、給与交渉の場でしっかりと希望を伝えることは重要だ。【参照元:キャリコネ】

あわせて読みたい

「転職」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。