記事

給与交渉で年収アップすることある?「欠点見つけては昇給断られる」「入社時の給与交渉が大事」

給与交渉で年収アップすることある?

就職や転職先を選ぶ際に、最も重視する要素の一つが給与だろう。希望の年収に近付けるためには、面接時の給与交渉が肝心になってくる。今回は企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた投稿でも

「入社後はあまり上がらないので、入社時の給与交渉が大事になってくるかと思います。役職がついても、微々たる額でしか金額は上がりません」(法人営業、30代後半、女性、正社員、年収450万円)

といった実態が報告されている。今回は、投稿の中から給与交渉に関する口コミを紹介する。【参照元:キャリコネ】

年に1度の面談はあるものの「昇給は期待しないほうがいい」

「給与については、最低賃金を割る勢いです。年に1度、社長面談はありましたが、給与交渉というほどのものではなく、昇給も期待しないほうがいいです」(ライター、20代後半、男性、正社員、年収175万円)

「昇進しても給料が劇的にあがることはほぼない。評価面談をしても、給与交渉はありません。ある日一方的に『あなたの来年度の給料が決まりました』というメールがきます」(マーケティングコンサルタント、30代前半、男性、正社員、年収540万円)

給与をアップしたくても、そもそも給与交渉の場が意味をなしていないという口コミが、みられた。面談はあっても金額の話にならない、昇給に結びつかないといった経験をしている人は多いようだ。

「給与交渉は意味が無いに等しい。欠点を見つけては、それを理由に昇給は断られる。何かと笑って誤魔化されたり、伝えたことを忘れられたりと、不安は大きい」(ショップスタッフ、30代前半、女性、派遣社員、年収270万円)

面談は社員にとって、自身の成果をアピールして昇給希望を伝えることができる場だ。だが、せっかくアピールしても、あら探しを受けた結果断れるという人もいた。給与交渉の機会が形骸化してしまうと、社員もモチベーションが保てなくなってしまうだろう。

給与アップを希望するなら「入社時の給与交渉」

給与交渉に関する口コミの中には、「入社時の給与交渉」の重要性を訴えるものも多く見られた。

「出世はかなりスローペースです。給与もほとんどあがりません。入社時の給与交渉が大切になるでしょう」(その他、40代前半、男性、正社員、年収480万円)

「入社してからは大きく昇給しないので、中途の人は、入社時の給与交渉をきちんと行ったほうがいいです」(プログラマー、40代前半、男性、正社員、年収500万円)

入社後の昇給は見込めないなら、入社時にしっかり給与交渉して、納得いく金額を得られるようにする必要がある。同業種での中途採用など、経験や実績を積んでいる人であれば、転職時に年収を上げる給与交渉は比較的しやすいだろう。

とはいえ、なかなか言い出しにくいお金の話。しかし、報酬に見合う成果を出している自負があるなら、給与交渉の場でしっかりと希望を伝えることは重要だ。【参照元:キャリコネ】

あわせて読みたい

「転職」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  5. 5

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  6. 6

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    正月休み延長 非正規に配慮せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  10. 10

    コンパニオン旅館をGoTo対象外へ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。