記事

星野源が自宅から語る、「うちで踊ろう」の真意とこれからの過ごし方

1/2
星野源(Courtesy of SPEEDSTAR RECORDS)

「うちで踊ろう」が一大ムーブメントとなっている星野源と、Zoom経由でのインタビューが実現。自宅で過ごす彼はどのような想いでこの曲をアップしたのか。現在の心境とともに、その真意を語ってくれた。

「家でじっとしていたらこんな曲ができました」「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」

さる4月2日、自身のInstagramに「うちで踊ろう」をアップした星野源。彼の呼びかけはネット上で瞬く間に広がり、著名アーティストや芸能人、クリエイター、一般の人々まで現在進行形でコラボの輪を広げ続けている。プロアマ関係なく、音楽以外にもジャンル不問で参加できる自由度の高さもあって、参加者それぞれのカラーが豊かに反映されているのもこのムーブメントの魅力。今では海外でも連鎖反応を巻き起こし、多くの人々を楽しませ、勇気づけながら、無数の”重なり”を生み出している。

・写真3点を見る

最近は多くのアーティストが自宅で撮影した演奏動画をアップしているが、ここ日本でそういった動きの始まりであり、起爆剤となったのも「うちで踊ろう」に他ならない。iPhoneで録画されたアコギ弾き語り楽曲がここまでの反響をもたらしたのは、この国のポピュラー音楽史においても画期的な出来事と言えるだろう。

特に海外では、InstagramやTikTokを着火点に、ユーザーの共鳴を生み出しながらヒットソング化していくケースはもはや珍しくない。生粋のポップフリークでもある星野は、そういったトレンドも把握していたことだろう。

しかし、「うちで踊ろう」を語るうえで重要なのはプラットフォームを巡る方法論ではない。この1分ジャストの曲が人々を惹きつけ、社会現象にまで発展したのは、苦しい現状と誠実に向き合いながら、誰もが楽しめるうえに誰一人傷つけない形で、音楽や表現の楽しさ、人と人とが繋がる喜びを思い出させてくれたから。そして、この曲が生まれた背景には、星野が2010年のソロデビューから今日までの活動で貫き続けた、表現者としてのアティテュードも関係している。

それにしても、まさか国民的スターにZoomで取材する日が来ようとは。直前には緊張したムードが漂っていたが、星野がブラウザ越しに現われ、あの笑顔とともに第一声を発すると場の空気がたちまち和みだす。そこからおよそ1時間、星野は「うちで踊ろう」を撮ったのと同じ部屋で、嬉しそうな表情を浮かべたり、シリアスに考え込んだりしながら、こちらの質問に答えてくれた。

※このインタビューは2020年4月9日(木)に収録しました。

星野源の近況報告

ー今回は「うちで踊ろう」が大きなムーブメントになっているなかで、星野さんが現在、どういったことを考えているのか伺えたらと

星野:よろしくお願いします……この取材、不思議っすね(笑)。

ーいや、本当に(笑)。

星野:僕も自宅だけど、(Zoom取材に立ち会った)みんなの自宅らしき場所が見えるのもおもしろい! こういう家に住んでるんだって生活が見える。こういう時、背景も家の中の一番おしゃれな場所を選んじゃうでしょ(笑)。

ーいやー(笑)。世の中はこんな感じですけど、星野さんは最近いかがお過ごしですか?

星野:ずっと家にいます。テレビドラマ『MIU404』の撮影が3月31日でストップして、その翌日からずっといますね。それで、4月2日に「うちで踊ろう」の動画をアップして。それからは毎日、みなさんが上げてくださる動画を観ながら、特に気になったものをどんどんピックアップして……それで1日がすぐ終わってしまうという感じです。

ー本当にすごい量がアップされてるみたいで。

星野:いやー、すごい。インスタだけで1万5千くらい投稿されてるので(取材時点、現在は4万超え)。Twitter、YouTube、TikTokなんかも含めると、相当な数になっていると思います。

この投稿をInstagramで見る

家でじっとしていたらこんな曲ができました。  ”うちで踊ろう”  たまに重なり合うよな 僕ら 扉閉じれば 明日が生まれるなら 遊ぼう 一緒に  うちで踊ろう ひとり踊ろう 変わらぬ鼓動 弾ませろよ 生きて踊ろう 僕らそれぞれの場所で 重なり合うよ  うちで歌おう 悲しみの向こう 全ての歌で 手を繋ごう 生きてまた会おう 僕らそれぞれの場所で 重なり合えそうだ  #うちで踊ろう #星野源 #DancingOnTheInside  誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?

Gén Hoshino 星野源(@iamgenhoshino)がシェアした投稿 -


ーそれ以外は、自宅でどんなことをしてるんですか?

星野:掃除、洗濯、炊事(笑)。あとはインスタライブをやったり、渡辺直美さんの YouTubeライブに出たり……それと、友だちとか、最近会えてない人に電話する機会が増えましたね。「あの人元気かな?」みたいなことをすごく考えるようになりました。音沙汰がないと不安になってくるというか。特にSNSをやってない人には連絡を取って、世間話をするようになりましたね。

ー星野さんは以前からインドア派と公言してますし、仕事から遊びまで、家でやりたいことが山積みなのかなとも思ってましたが。

星野:本当はやりたいゲームとか、曲を作りたいとか、ピアノの練習がしたいとか山ほどあるんですけど、まったくできてないですね。今は正直、「うちで踊ろう」のことで24時間ずーっと働いてる感じ。メディアからの問い合わせもとんでもない数が来てるので、レコード会社やマネジメントのみんなもテレワーク上でフル稼働してくれてます。そのやり取りもあるので、ずっと家で過ごしてますけど、忙しい仕事がずっと続いてるという状態のまま今日まで来てます。

ーアップする前、各方面に相談とかしたんですか?

星野:マネージャーとディレクターにはもちろん連絡したんですけど、全部完成して、動画も撮ってから、「これ上げたいんだけど」と訊いてから「いいっすね」となってアップするまでは10分くらいです(笑)。

「うちで踊ろう」のアイデアが閃くまで

ーでも実際、多くのミュージシャンが「自分たちは何をやればいいんだろう?」と悩まざるを得ないなか、「うちで踊ろう」が公開されてから、「こんなやり方があったのか!」と驚いたり勇気づけられたりした人が大勢いると思うんですよ。

星野:うんうん。

ーこの曲のアイデアをどのように閃いたのか、改めて教えてもらえますか?

星野:3月後半に、土日2日間の外出自粛があったじゃないですか。その辺りから何かできないかと考え始めました。世界の状況を見ても、もう少ししたらもっと長期で外出できなくなるだろうから、家の中に居ても面白がれる仕組みってないかなって。その後ドラマ撮影が止まって、次の日の4月1日からまた改めて考え始めて「あ、これ歌でできるな」と思いついて、4月2日に曲を作り始めて、その深夜にInstagramにアップしました。

僕が歌を作って、それを動画として載せる。そこに楽器、歌、ダンス、アニメーション、どんな形でもいいから僕の動画を引用してそれを重ねる、もしくはカバーする、それにインスパイアされたイラストを載せる……そんなふうにできれば、どれだけ離れた場所にいても”重なり合う” ことができる、と考えたんです。

ー”僕らそれぞれの場所で 重なり合うよ”という歌詞には、そんな背景もあったんですね。

星野:そうですね。僕は、昔から「みんなでひとつになろう」的な言い方が好きじゃないんです。人と人はひとつにはなれない。死ぬまで1人だと思う。でも、手を取り合ったり、想いを重ね合うことはできる。そこに一つの大事なものが生まれるんだと思うんです。「ばらばら」という曲でも(2010年作『ばかのうた』収録)、”重なり合ったところに たったひとつのものがあるんだ”と歌いましたし。

ー”世界はひとつじゃない ぼくらはひとつになれない”けど、どこかしら重なることはできる、ということですね。

星野:だから今回、重ね合うことでみんなと繋がってる感覚になりつつ楽しめるもの、多様なアプローチができるもの。そういうことをこの一曲でやろうと思ったんです。 ”重なり合えそうだ”と歌ったり、歌に合わせて表現したりすると、実際に自分たちが重なってる感覚になるんですよ。インスタのフィードってちょうど1分間ずつしかアップできないので、1分で完結する歌にしなきゃいけないっていう制約も楽しかったですね。

ーあの動画はiPhoneで録画したんですよね?

星野:そうです。

ーそこも大胆ですよね。世の中の状況やご自身の影響力なども踏まえつつ、「自分がやらなければ」という使命感みたいなものはあったりしたんですか?

星野:世間に対する使命感はあまりなかったです。さっき話したようなアイデアを思い付くと、こんなふうに(手を動かしながら)ゾーンに入っていくんですよ。で、そうなったら音楽家として、自分がやりたいことや面白そうと思ったことは実現しなければならないというか。この面白いことを他の人はまだやってなくて、すぐにでも俺がやらねばならない……というより、俺がやる!っていう(笑)。そういう集中力みたいなのはありました。

ーなるほど。

星野:実際、前例がないから、どれぐらいの反響になるのかわからないし心配してもしょうがないなって。現在のような状況は理想的には思い描いていましたけど、今は「ここまでだろう」っていうのが毎日塗り替えられていくような感じ(笑)。昨日(取材前日)の深夜に、オルケスタ・デ・ラ・ルスの皆さんが上げてくださった動画も驚いてブチ上がりましたね。



ー11人編成による賑やかなラテン・バージョン。

星野:感動しました。あの大人数がそれぞれの家で録ったのも労力ハンパないし、それが「重なり合って」ひとつの動画になってることが、コンセプトをこれ以上なく示してくれていて。見てるほうも楽しくなるし、演奏してるみなさんも楽しそうにやってくださっていたので、嬉しかったです。

あわせて読みたい

「星野源」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  2. 2

    河野氏 日中の戦力ギャップ懸念

    河野太郎

  3. 3

    消費者にダブルパンチ 国は無謀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  4. 4

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  6. 6

    都知事選で最も損をするのは立民

    早川忠孝

  7. 7

    好きなこと仕事に 前澤氏へ批判

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  9. 9

    プラ削減 なぜレジ袋がやり玉に

    川北英隆

  10. 10

    若い女性好むおじさんのワガママ

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。