記事

東京新聞さん、横浜市ギャンブル依存調査報道で情報隠蔽する

横浜市の行ったギャンブル依存症の実態調査が発表されました。以下、東京新聞からの転載。


ギャンブル依存疑い0.5% 反対派医師「大丈夫と言えない」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/202004/CK2020041602000146.html

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を進める横浜市は、市民の懸念の強いギャンブル依存症について初めて行った実態調査の結果を公表し、依存症が疑われる人の割合は0・5%と推計した。二〇一七年に行われた全国調査では0・8%だった。

横浜市における「ギャンブル依存の疑いの有る人」の割合は0.5%と、全国調査より少し低い数字が出ていますが、だからといって依存対策が必要ないというワケではありません。世は既にコロナ禍のど真ん中で、行政も含めて余裕はない状態なのは仕方がないとも言えますが、一か月後の「5月14日~20日」の一週間は、国が法律で定めた「ギャンブル依存対策啓発週間」です。それぞれの皆さんが大変な状況だと思うのですが、最大限の努力をもって啓発週間に向かった準備を重ねて行きたいものです。

一方、上記の東京新聞さんの記事、実は4月11日に神奈川新聞が報じた同趣旨の記事の「市の調査結果を国の調査と比較した上で、最後に地元の有識者のコメントで〆る」という点においてほぼ構成が同じと言いますか、ほぼほぼ右から左に書き写した様な状態なんですよね。ただ、一点だけ「うほほ。東京新聞さん、やってますねぇー(笑」と思ったのが、以下の識者コメントの部分。

【4月11日 神奈川新聞】
結果について、同市中区の寿地区で依存症患者を長く診療し、市が推進するIRの誘致に反対する越智祥太医師は「回収率が低い。依存症の疑われる人が調査を避けた可能性もあり、正確性に疑念がある」と指摘。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-326268.html

【4月16日 東京新聞】
同市中区の寿町地区で依存症患者の治療や支援を続けることぶき共同診療所の越智祥太医師(精神科)は「回答率が低く、依存症が疑われる人が回答しなかった可能性がある」と指摘。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/202004/CK2020041602000146.html
(※太字と下線は筆者)

神奈川新聞さんは、記事最後にコメントした越智祥太医師に対して、地元の専門医であると共に「市が推進するIRの誘致に反対する」人物であるということを明記していますが、東京新聞さんはその部分は隠した上で、あくまで「地元の専門医」としてコメントを掲載しているのですね。東京新聞さん、やってますねぇー(笑

ちなみに越智祥太医師でありますが、地元で「横浜へのカジノ誘致に反対する寿町介護福祉医療関係者と市民の会」というカジノ反対を掲げる運動団体を発足させた活動家さんの一人であり、同時にお勤めの「ことぶき共同診療所」は「プレカリアートユニオン」という連合系労組の地域支部を兼務しているというゴリゴリの左派系運動団体の中核組織であるということを文尾でご紹介しておきたいと思います。東京新聞さん、やってますねぇー(笑

【参考】
〇「カジノ反対」医師らが市民の会 横浜市中区の寿地区
https://www.kanaloco.jp/article/entry-159154.html
〇プレカリアートユニオンブログ
https://precariatunion.hateblo.jp/entry/20171005/1507217450

あわせて読みたい

「東京新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  5. 5

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。