記事

「世間」を気にして頑張りすぎていませんか?「会社に消費されずに、利益を得よう」と発想を変えたんです──ロバート キャンベル×弘中綾香

1/2

「これくらいの業務なら、気力でがんばれる」。でも、その「がんばり」って、本当に必要?

仕事で「無理してまで」がんばってしまったり、不必要だと思いつつ意見を言えないのは、「みんなこれくらいこなしているから"普通”だ」という思いこみや、周りの目が気になり、周りに合わせてしまう行動から起こりがちです。

ですが、問題は、個人ではなく、もしかしたら、昔からある日本文化の気質が原因なのかもしれませんーー。

そんな疑問を、日本文化に造詣が深いロバート キャンベルさんと、バラエティ番組やコラム執筆、YouTubeに挑戦し、独自のキャリアを歩んでいるテレビ朝日アナウンサーの弘中綾香さんにぶつけてみました。

前編では、日本人は、世間の目を必要以上に気にして、「不要ながんばりをしているのでは」というテーマを話します。

「がんばる」のは、仕事に直接関係あることだけでいいんじゃない?

今日の対談、すごく楽しみにしてきました。


ありがとうございます! 私も楽しみにしていました。


今日は「がんばるって何なんだろう」ということから話していきたいと思います。

与えられている時間だったり、環境がそれぞれ違うので、エビデンスは人によって全然違うと思います。ただ、日本は若年層の自殺率が高いのも事実で。


「がんばり」の強要をしてしまっている可能性がある、と。


弘中さんにとって「がんばる」がどういったものなのか、教えてもらえますか?


今回の対談テーマである「不必要ながんばり」で思い出したのは、後輩からのバレンタインチョコレートの相談です。


弘中綾香(ひろなか・あやか)。テレビ朝日アナウンサー。入社8年目。「激レアさんを連れてきた。」の研究助手や、「ひろなかラジオ」(AbemaTV)のメインパーソナリティなどを務めるほか、「Hanako.tokyo」でエッセイを連載

チョコ、ですか。


「どの範囲の方々まで用意すればいいですか?仕事でお世話になっている全員に日頃のお礼をしたいので、がんばって用意します!」と相談を受けて。


感謝の気持ちを伝えたい、ということですね。


そうなんです。ただ、そのがんばりはちょっと違うんじゃないかなと。私もかつてはその後輩と同じように考えて用意していたので、自分に対しても言えるのですが。

仕事に関することは、バレンタインのチョコレートで伝えるのではなく、仕事に直接関係ある業務をがんばることで、伝えられたほうがいいのに、と。

ぐさっ


えっ!(笑)。


いえいえ、続けてください(笑)。



もともと、私は「無駄ながんばり」をしないタイプで。


がんばりのなかには、「無駄ながんばり」「仕方ないがんばり」「自分から買ってでもしたいがんばり」など、いろいろな種類があると思いますが、見分けられますか?

だんだんとわかってきたところです。

切り捨てるような言い方をするかもしれないのですが、自分のやるべきことをしていたら、それ以外のところで落ち度があっても責められるべきではない。

自分が課せられたお仕事に集中して、ちゃんとした評価を受けられればいいなって。

なるほど。自分のやるべきことをこなすのは、素晴らしいことですね

「お疲れさま」は疲れていることが前提。「頑張るのが当たり前」という自己暗示

でも、個人的には人ってそんなに強い生き物じゃないとも思うんです。

だからこそ、職場のなかで声をかけたり、ちょっと無駄な空間とか時間をつくって過ごしたり。いわば、コミュニケーションの日頃の準備運動も大切かなと。


ロバート キャンベル。日本文学研究者。国文学研究資料館長。近世・近代日本文学が専門。テレビでMCやニュース・コメンテーター等を務める一方、新聞雑誌連載、書評、ラジオ番組企画・出演など、多方面で活躍中

はい、それはよくわかります。


一方で、「がんばりすぎて疲れる」や「無駄ながんばり」が生まれる原因は、仕事に打ち込むことからではなく、評価や対人関係ではないかと思っていて。

なので、弘中さんのように、「がんばりどころ」を見極めるのは重要ですよね。

僕の周りでは、「誤解されたのではないか」「自分の思いが通じなかったんじゃないか」といったコミュニケーションによる気疲れ。あとは人からの「評価」もよく聞きます。

それは日本に限らず、でしょうか?


そうですね。「対人関係が疲れる」のは、各国共通だと思います。


なるほど。


ただ、特に今の日本だと「がんばりすぎるのが、当たり前だ」という風潮もあるように思っています。

それがよく現れているのが「お疲れさま」というあいさつですね。仕事柄、いろんな業界の現場に足を運びますが、テレビ局ほど「お疲れさま」を連呼しているところはありませんよ。


心当たりはあります(笑)。


この言葉自体には、深い意味はないんですよね。一旦区切りをつけて、次へと受け渡すための装置でしかない。

でも、これを英語でそのまま訳すと「You look tired.」

疲れているようだね、と。


そう。何回も言われ続けたら、疲れてなくても、疲れた顔になってしまいますよ。

「昨日は3時間しか眠れていない」とか「食べる暇もなかった」みたいに、がんばりすぎることが当然だという「疲れアピール」が自己暗示になって、疲れが出てきてしまっているんじゃないかなと。


あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  2. 2

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  3. 3

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  4. 4

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    大学のオンライン授業移行が波紋

    ヒロ

  8. 8

    ソウル市長が失踪 娘に遺言か

    ABEMA TIMES

  9. 9

    真実より視聴率重視するマスコミ

    菊地直子

  10. 10

    河井事件めぐる検察の悪辣な策略

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。