記事

4月15日(水)ムネオ日記

 昨日の衆院本会議で、野党の柚木道義議員は布マスク配布より「医療、休業補償、現金給付に回すべきでないか」と質問しているが、医療、休業補償、現金給付についても対策を講じている。

 感染拡大を防ぐために絶対的にマスク使用しているのではないか。そのことは国会でもマスク着用と与野党で決めている。

 新型コロナウイルスが発生した1月、国会が開会され、立憲民主はじめ野党は「桜」と「IR」中心の質疑でなかったか。すり替えの議論はいい加減にしてほしい。

 各種世論調査でも立憲民主党の支持は上がっていない。逆に日本維新の会の支持は上がっている。国民はよく見ていると確信するものである。

 自由民主党と立憲民主党の国対委員長とで、衆院議員の歳費を今後1年間2割削減することで合意している。

 歳費は月129万4千円で、2割というと26万円の削減になる。この金額で野党の立憲民主党が納得するとは驚きだ。

 桜を見る会の出費を無駄遣いという立憲民主党である。こんな時こそ5割削減と主張するのが当然ではないか。

 歳費は国会議員歳費法で衆・参同額である。しかし参議院は昨年定数6増に伴い、そのかかる経費について1人7万7千円自主返納することになっている。

 自民党・公明党・日本維新の会は、会派として約束通り返納しているが、他の野党はこの約束を果たしていない。

 立憲民主党が布マスク無駄という前に「約束を守れ」と言いたい。

 そもそも人口が減っている時に、定数を増やすこと自体が問題だが、民主主義の手続きにより定数増となり、そしてその経費は各議員の歳費によって埋め合わせをすると決めたことを実行、履行しないで政府を批判することは看過できない。

 歳費2割削減でなく、3割削減を強く主張したい。合わせて月々の歳費だけでなく、ボーナス(約600万)の3割削減もすべきと主張したい。

 立憲民主党はいかが判断するだろうか。

あわせて読みたい

「立憲民主党(旧)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  4. 4

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  9. 9

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。