記事
  • Sozen

原油需給は今が最悪期

1/2

原油相場は4営業日続落で安値を更新しています。今回の下げで初めて終値で$20/bblを割りました。IEA が足下の需要が日量2,900万バレルの減少となっていると発表したことから、不安感が市場を支配しました。とはいえ、今が最悪という見通しが立ったことで、更に下値を追うのも難しくなりつつあります。

4月15日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比24セント安の$19.87/bblで、引け後の時間外取引は$20/bbl台前半です。

国際エネルギー機関 (IEA) の4月月報によると、2020年の世界の石油需要見通しは日量9,090万バレルで前回の予想より同920万バレルの下方修正です。一方、2020年の OPEC 原油を除く世界の石油供給見通しは日量6,250万バレルで前回から同440万バレルの下方修正となっています。

コロナウイルスのパンデミックによる需要の減退について、IEA は通年で前年比日量930万バレル、4月単月では同2,900万バレルの減少と予想しています。第2四半期の需要は前年比日量2,310万バレル減で、12月になっても同270万バレルの減少を示すとされます。


これに対し OPEC+ の日量970万バレル減産に加えてカナダなど他の産油国も追随することから、5月の世界の石油供給量は日量1,200万バレル減少するものと予想されます。とはいえ、需要の落ち込みに対して生産量の低下は釣り合っておらず、第2四半期の需給バランスは結局日量1,500万バレルを超える余剰となることが見込まれます。

一方、第3四半期以降について IEA は需給逼迫に転じると見ており、OPEC+ が先週の合意通りに7月以降の日量800万バレルの減産を継続した場合、第4四半期の供給不足は同500万バレルを超えることになります。

米国エネルギー省は戦略備蓄の積み増しを検討中で、合計2,300万バレルの調達が早ければ4月中にも始まる見通しです。

あわせて読みたい

「原油相場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  5. 5

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    外国人が感じる日本の不思議文化

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。