記事

対領空侵犯措置

2019年度の対領空侵犯措置として緊急発進(スクランブル)した回数は、947回となりました。
 
2018年度と比べて52回減少しましたが、1958年度に対領空侵犯措置を開始して以来、過去三番目の多さです。
 
中国機に対する緊急発進は675回、前年度より37回増えました。
 
ロシア機に対しては268回、前年度より75回減少しました。
 
その他、4回の緊急発進があります。
 
中国機は戦闘機、ロシア機は情報収集機に対して多く緊急発進をおこないました。
 
また、ロシアのTu-95爆撃機、A-50早期警戒管制機による領空侵犯のほか、東シナ海及び日本海での中国のH-6爆撃機とロシアのTu-95爆撃機の共同飛行、中国のH-6爆撃機などによる沖縄本島・宮古島間の通過飛行やY-9早期警戒機の初目視確認、ロシアのSu-34戦闘爆撃機の初目視確認などを特異な飛行として公表しました。

あわせて読みたい

「日中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  5. 5

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  6. 6

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。