記事

対領空侵犯措置

2019年度の対領空侵犯措置として緊急発進(スクランブル)した回数は、947回となりました。
 
2018年度と比べて52回減少しましたが、1958年度に対領空侵犯措置を開始して以来、過去三番目の多さです。
 
中国機に対する緊急発進は675回、前年度より37回増えました。
 
ロシア機に対しては268回、前年度より75回減少しました。
 
その他、4回の緊急発進があります。
 
中国機は戦闘機、ロシア機は情報収集機に対して多く緊急発進をおこないました。
 
また、ロシアのTu-95爆撃機、A-50早期警戒管制機による領空侵犯のほか、東シナ海及び日本海での中国のH-6爆撃機とロシアのTu-95爆撃機の共同飛行、中国のH-6爆撃機などによる沖縄本島・宮古島間の通過飛行やY-9早期警戒機の初目視確認、ロシアのSu-34戦闘爆撃機の初目視確認などを特異な飛行として公表しました。

あわせて読みたい

「日中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  7. 7

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  8. 8

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。