記事

【読書感想】志村流

1/2

志村流―当たり前のことが出来れば、仕事も人生も絶対に成功する (王様文庫)
作者:志村 けん
発売日: 2005/01/28
メディア: 文庫

内容(「BOOK」データベースより)
金・ビジネス・人生の成功哲学。昨日より今日は、いい生活ができるかもしれない。いま、最も気になる男が語る「人生」「仕事」。

 書店で見かけて購入。
 TSUTAYAでは志村さんやドリフのDVDがすべで貸出中で、この本もけっこう売れているみたいでした。
 人は、失ってみないと、大事なものがわからない。もっと志村さんをリアルタイムで観ておけばよかったなあ、などと言っても、もう後の祭りですよね。それでも、志村さんのコントの映像は、きっとこれからの時代にも残っていくでしょうし、僕も「あの志村けんをリアルタイムで観ていたんだぞ!」とか、孫に自慢して、「ふーん、で、志村けんって誰?」とか言われるのかな。

 この本、いつ出たものか確認せずに買ったのですが、読んでみると、志村さんが52歳のとき、2002年に単行本が出て、2005年に文庫化されたものでした。

 20年近く前、働き盛りだった時代の志村さんの考えが書かれていて(たぶんライターさんの聞き書きだろうけど)、面白くもあったのです。

 亡くなられた後になると、どうしても美化されてしまうところもあるだろうから。

 この本では「人生」「お金」「ビジネス」「処世術」の4つの項目について、志村さんが語っています。


 「肝(きも)には金を使え」という文章より。

 物欲とか、物に対する執着心なんてのもないから、贅沢品と言われるようなものにお金を注ぎ込むことはほとんどない。

 ところが、こと仕事に関するものとなると話は別だ。自分が「これは絶対に必要だ」と思ったものは、いくらお金をかけても惜しくない。だから、ビデオやDVDでも、仕事のネタになるかもしれないと思ったら、どんなに大量でお金がかかっても、すべて買ってしまう。オレ自身が面倒くさがり屋で、レンタルビデオで借りたら返さなくちゃいけないから、ついつい買ってしまうという安易な理由もなくはないけれど……

『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』と『志村けんのだいじょうぶだぁ』のゴールデン番組を二本やっていたころは、特に買い込んだ量がすごかった。いいシーンでストップして研究につぐ研究。一晩中どうやってネタにするか、よく考え込んだものだ。そんなだから、ビデオも溜まりに溜まって、いまじゃ三千本近く。収納に困るほどになってしまっている。

 ふだん何気なく聴いている音楽だって、番組を構成するときに、「ここで、あの曲を入れてみよう」なんて、仕事で使えることがたくさんある。だから、CDもジャンルや好き嫌いにこだわらず購入し、家でも車のなかでも、時間があれば出来るだけ何でも聴くようにしている。こうなると、もはやプライベートと仕事の区別がつかなくなる。

 あの「ヒゲダンス」のテーマも、志村さんが選んだというエピソードを最近知りました。この本を読むと、志村さんはとにかく仕事熱心で、コントには妥協しない人だということが伝わってきます。
 遅刻が大嫌いで(仕事をはじめる前に、周りに引け目を感じるのはイヤだから)、相手がどんな人でも、絶対に遅刻しないように心がけている、という話とか、太っ腹なエピソードの数々で知られる志村さんが、「奢られる側の礼儀」について苦言を呈しているところもあって、その人間くささにちょっとホッとしてしまうのです。
「払いの段になって、トイレに行くな!」
 志村けんだって、そう思うよね。


 志村さんは、「あとがきにかえて」で、こんな話をされています。

 困った時は原点に帰る。悩んだ時は原点に帰る。もう一回、もう一回と、何度も見直してみる。これは、オレがいつも考えていることだし、ずーっとやってきたことだ。

 ドリフ時代も、いつもセットをどうするかって時に、このことを実践していた。いろんなアイデアが出てきて、どうしたらいいのか混乱してくると、「じゃ、基本のベンチ一個のセットに戻って考えてみよう」って。途中まで造ってしまうと、どうしても「ここまでやっちゃったから」という気になってしまいがちだ。

 煮詰まったら、いったんチャラにする。フツーの仕事でも、同じじゃないかな? そのほうが結局、早道だし、最後はうまくいくものだ。

 オレは、元来コツコツ型の慎重派で、どこまでやっても安心出来ない性格らしく、最低でも予備のプランを二つ以上持っていないと不安でたまらない。だから、何回でも見直す。リセットして、ゼロに戻してから何度でも見直してみる。すると、本来の目的がハッキリと見えてくるものだ。

 志村さんは、「何事でも準備がいちばん大事」で、「コントもキッチリ作り込んでおきたくて、アドリブは苦手」だと仰っています。
 本当に真面目で心配性。そして、うまくいかないときには「リセットしてゼロから見直してみる」ことを徹底していたのです。
 ここまでやったのに……と言いたいことは僕にもたくさんあるのだけれど、そういう未練を断ちきることが、かえって結果を出すための近道だということは、たくさんあるんですよね。


 あと、志村さんの長年のパートナーだった放送作家の朝長浩之さんが、この本の担当編集者に語った「志村けんについて」が、すごく印象的でした。

あわせて読みたい

「志村けん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  6. 6

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  7. 7

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  9. 9

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  10. 10

    不祥事俳優カットせぬフジを称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。