記事

IMF、世界恐慌以来のマイナス成長を予測

[画像をブログで見る]

IMF Says ”Great Lockdown” Recession Would Be The Worst Since Great Depression.

国際通貨基金(IMF)が14日に公表した世界経済見通し(WEO)は、当初のウォール街予測より暗い数字となりました。

今回のタイトル「ザ・グレート・ロックダウン」に象徴されるように、新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、2020年の世界成長見通しを1月時点の3.3%増→3.0%減、6.4%ポイントと前例のない下方修正に踏み切りました。世界恐慌以来で最大のマイナス成長を見込みます。一方、2021年は反動から5.8%増を掲げ、1月時点から2.4%ポイントの上方修正となります。

IMFは今回の見通しにつき、新型コロナウイルス禍の衝撃が金融市場に波及→経済活動の急低下→商品価格の大幅安→金融環境の急激な逼迫――など一連の負の状況を反映したと説明します。また、2021年見通しの前提としては「2020年下半期の回復」を指摘。ただし、当然ながら「極めて不確実性が高い」と釘を刺し、回復が小幅にとどまるリスクに警鐘を鳴らすことも忘れません。

各国・地域別の一覧は、以下の通り。2020年の成長率見通しでは中国の1.2%増を始め、米国の5.9%減など金融危機を超える衝撃的なマイナス成長が並びます。日本は5.2%減と、2009年以来の落ち込みとなる見通しです。

(作成:My Big Apple NY)

見づらいので、IMFから下方修正が一目瞭然のチャートをご紹介しましょう。


(出所:IMF

優先すべき政策としては、主に以下挙げました。

・適切な医療システムのための適切な資源確保
→検査拡大や防護服購入などに向け政府支出の拡大が必要だが、貿易制限は回避すべし

・公共衛生上の衝撃にとる経済活動への波及低減
→企業と家計を支援するための財政拡大
→中銀による流動性供給と政府による信用保証付与
→債務再編
→中銀、政府による刺激策

――

各国はウイルスという見えない敵との闘いに勝利すべく、財政と金融の両面で経済急減速を抑え込もうとしています。特効薬として機能するかは未だ不透明で、パニックに直面した人間の行動4パターン、すなわちFreeze(停止)、Flight(逃避)、Face(対峙)、Fight(戦い)のどの段階にあるか見極めも必要でしょう。

米株市場は既に停止や逃避から脱したような明るいムードが漂いますが、国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長に言わせれば「回復のタイミングを決定づけるのは我々ではなく、ウイルス」。本当の勝負は、外出禁止関連措置の緩和が始まりそうな5月で、その頃には「セル・イン・メイ」の声が聞こえてきそうな気がするのは筆者だけでしょうか。

あわせて読みたい

「世界経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  4. 4

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  8. 8

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  10. 10

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。