記事

ひきこもり経験者に聞いた 自宅から出られない環境での生存戦略

1/2

多くの人が自宅で過ごす時間が長くなるなかで、さまざまな不安が出てきているころかもしれません。これまで自由に外出ができる環境が一変し、不要不急の用事以外で外出せず、自分や家族、周囲のひとたちを守ろうとしておられるのではないかと思います。

認定NPO法人育て上げネットでは、これまで数か月から数年間自宅や自室から外出することができないでいた若者が、社会参加や働く、働き続けるために支援プログラムを活用しています。

そこに至る背景や経緯はさまざまですが、「自宅から外出したくでもできない」状況に対して自己責任やバッシングは過去からありますが、いまの状況においてはひきこもり経験者の日常生活から私たちが学べることもあるのではないかと思います。

今回は、ひきこもり経験のある育て上げネットの職員に話を聞きました。

過去のひきこもり経験について教えてください。

きっかけは中学3年生のときの転校です。都内の中学から、地方の中学に突然学校が変わりました。生徒数が数倍になり、非行傾向のある生徒が結構いて戸惑いました。

これまでの友だちと卒業するものとばかり思っていたのに、ゼロベースで友だちを作らなければならならず。何とか努力してみたのですが、うまくいきませんでした。両親の再婚も2年前と近く、思春期とあわさって「親の都合でこんな目にあったのに学校なんか行ってられない」と思ったんです。

不登校になってすぐフリースクールに通ってみたものの、結局、すぐに友だちを作れるわけでもなく、ひきこもる生活になりました。

ひきこもっていた環境はどんなものでしたか。

自宅には自分の部屋がありました。両親とも働いていたので、日中は自宅でひとりでしたね。

よく昼夜逆転の話があるのですが、生活の乱れは特になかった。

母親が毎朝起こしに来るんですよ。いつ学校に行けることになるかわからないので、生活サイクルだけは乱さないようにと。朝食と夕食は家族で食べて、昼食も用意してくれていました。朝は両親が仕事に行くのを見送って、そこからはずっと暇でした。

中学3年生という時期、その状況で何を考えていたんですか。

毎日、「今日はこれから何をしようか」と思ってました。そもそも友だちもいないし、当時は携帯電話もなかったので、とにかくひとりぼっちです。

そんな退屈な毎日をどう過ごしていたんでしょうか。

テレビをつけっぱなしにして、漫画を読むか、ゲームをしてました。当時はサクラ大戦やファイナルファンタジーをしていた気がします。ただ、やりたかったというよりも、あまりにやることがない、友だちもいない。コミュニケーションを取りたくても話す相手がいないんです。時間を進めるために手っ取り早い方法がそれだったんです。

そのなかでも特に苦しかったのが親と自分が抱える世間体です。親からは「みんなが学校に行っている時間に、あなたが自宅にいるのが恥ずかしい」と言われました。自分もそれが嫌でした。

そのため、自宅にひとりでいるときはカーテンを閉め、電気もつけないようにしていました。電話にも出ず、宅配便の受け取りもしません。いかに自分がいないか、生存していないことにできるかに必死でした。電気をつけるのはみんなが自宅に明かりを灯し始める19:00くらいにしていました。

中学生だったので考えも浅はかですが、日中は暗くて、夜は電気がつくことで、ここの家の子どもは学校にちゃんと通っているんだなと思ってもらえると思ってました。ずっとつまんなくて、つらかったです。

隠れるような生活のなか、楽しみはまったくなかった。

当時、海外のプロレスにはまっていて、衛星放送で観てました。詳しくは忘れましたけど、確か、月曜日と水曜日に放送があったんですね。それが唯一の楽しみで、放送日に今日が何曜日かを確認するような。土日もほっとしましたね。みんなが自宅にいてもおかしくない日でしたから。

漫画やゲーム以外にもしていたことはありますか。

筋トレしてました。することがないというのもあるんですけど、ずっと自宅にいると運動しないので病気になってしまわないように。お金もないですし、健康維持にできることは筋トくらいかなと。

それと自分がひきこもってからしばらくして、両親が犬を飼い始めたんです。そこで僕が犬の散歩を任されるようになりました。役割ができて、外出する理由ができて、人間よりも犬とかかわっている時間の方が長かった。犬の散歩という定期的な役割はありがたかったです。

あわせて読みたい

「引きこもり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  6. 6

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  7. 7

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  9. 9

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  10. 10

    不祥事俳優カットせぬフジを称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。