記事

新生増田郵政、新型コロナ危機下での「職員1万人削減」冷酷宣言に落胆

1/2

ゆうちょ銀行株はなぜ神風的に急上昇したのか

共同通信社

新型コロナ危機で多くの企業が苦しむ中で、一時意外な企業からも苦悩が聞こえてきました。日本郵政(以下郵政)です。

3月上旬に囁かれていたのは、コロナショックが株式市場を直撃し、所有ゆうちょ銀行株(以下ゆうちょ株)が値下がり。巨額の減損処理を迫られるかもしれないというもの。具体的には、所有ゆうちょ株の評価額が取得簿価の半額を割り込めば、会計基準により減損処理を余儀なくされるという流れです。

ちなみに、郵政の所有ゆうちょ株の簿価は1732円。その半額は866円です。3月9日に上場来、初めてこの半額を割り込む857円を記録。その後3月15日には、底値の850円を付けました。

もし、この価格が期末評価額となるなら、減損処理額はなんと約3兆円に。それがすぐさま国民負担になるということではないものの、かんぽ生命の不適切販売を受けた前経営陣の退陣は、1月に刷新スタートした増田寛也社長体制に、いきなり冷水を浴びせる一大事ではあります。

しかし、情勢は一転します。底値の850円をつけた後に、なぜか株価は急上昇に転じて、あっという間の1000円超え。最高値で1041円にまで戻しました。この間、底値からは実に22%上昇の持ち直し、コロナ騒ぎ前の昨年12月の株価水準にまで値を戻したことになるのです。従い今期の減損処理は、神風的に免れたわけです。

他行株との対比でみると政治的影響力を感じざるを得ない

この間、他の金融機関の株価はどうであったかといえば、三菱UFJが底値は3月18日の383円で、その後戻しての高値が450円。三井住友が同じく3月18日が底値で2560円、戻した後の高値が2950円。

それぞれ、持ち直し率は約17%、15%。この持ち直し率だけでもゆうちょとは明らかに差があるのですが、何よりも昨年12月の株価水準との対比でみると、ほぼコロナ前水準に戻したゆうちょ株に対して、三菱UFJ、三井住友は共に現状でまだまだ30%近くも下落した状態にあるのです。確証のある話ではありませんが、この神風には何かあると感じざるを得ないところです。

そう感じる理由はただ一つ。郵政と政治の癒着です。以前にも触れていますが、郵政を巡っては、全国郵便局長会(旧称:全国特定郵便局長会=全特)が公然の自民党集票マシンであり、毎度国政選挙となれば、この旧全特強制加入の郵便局長たちが票集めに奔走するのです。

郵政はこの旧全特の集票力を後ろ盾として、自民党に対し、ある時はその要望を受け入れさせ、ある時は自分たちに不利な情勢を覆させることに利用してきたのです。小泉政権下の郵政選挙を経て方向づけされた民営化の流れを、民主党政権下で旧国民新党に擦り寄り骨抜きにさせたのも、旧全特の集票力あればこそのことでありました。

そんな流れを踏まえてここ1か月間の不自然な株価の動きをみるなら、配下に旧全特という強大な政治的影響力を有する団体を持つ郵政が、政権政党の政治力を使って一時的に株価を支えさせることなどいとも簡単なことなのではないか、と思ってしまうわけなのです。

繰り返しますが、今回の神風株価の件に確証はありません。なので、そのことをこの場でことさらに糾弾するのは控えますが、昭和の時代からこれまで幾度となく政治的影響力をもって時代の潮流や市場原理までをも捻じ曲げてきた”闇の力”を、令和の今もこのままにしておいていいのかと、いささか疑問に感じるところではあります。

新型コロナ危機真っ只中での1万人規模の人員削減方針に落胆

BLOGOS編集部

そんな折も折、新型コロナの危機感が益々高まってきた最中の3月24日に、2021年からの次期中期経営計画における郵便局員1万人削減に向けて労組との協議に入る、との報道がありました。

春闘の労使協議の中で、経営サイドから話が出されたといいます。1万人規模の人員削減方針を、なぜ新型コロナ危機真っ只中の今打ち出せるのか。郵政の組織マネジメントのダメさ加減を、いたく感じさせられる報道でありました。一言で申し上げれば、増田社長の体に染み付いた官僚主義マネジメントの冷酷さを見る思いです。

今世間では、民間企業の多くが新型コロナショックの拡大で雇用継続がおぼつかないという不安定な状況下にあり、その最中に大型人員削減計画を公言するとは現場の不安を煽ることこの上ない話ではないです。企業マネジメントの常識から申し上げて、絶対にありえない公言であると言わざるを得ません。

世間を揺るがしたかんぽ生命の不適切販売という一大不祥事を経て、歴代の民間トップに代えて敢えて持ってこられた感が強い官僚OBの増田社長。就任時のメディア評価では、元官僚のトップ就任をもって時代逆行的に捉えられるむきも多かったのですが、個人的には正反対の期待感を若干なりとも感じておりました。

これまでのキラ星の如き経歴の民間出身トップを以てして、全く歯が立たなかった旧全特と政治の世界。増田社長の元キャリア官僚から岩手県知事という政治家経験があればこそ、官僚経験で旧全特を御し政治家経験で政界との決別を突きつける、今度こそそれが可能なトップではないのかと淡い期待感を感じていたのです。それだけに今回の一件には、正直落胆させられました。

あわせて読みたい

「ゆうちょ銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。