記事

布マスクに466億円……なぜ安倍官邸には「点数稼ぎのズレた役人」しかいないのか? - 広野 真嗣

 緊急事態宣言が発令後も新型コロナウィルス感染症をめぐって続く政府のちぐはぐな対応をどう理解したらよいのか。この点について「危機認識の甘さから初動が完全に遅れた」と喝破するのが、2009年に厚労相として新型インフルエンザの対応にあたった舛添要一氏だ。緊急事態宣言の対象地域である東京都の前のトップでもあり、その発言に今、改めて注目が集まっているキーパーソンだ。

迷走する安倍政権の対コロナ政策

「安倍政権は出遅れた」という舛添氏は自らの体験とこう比較する。

「メキシコで突如60人以上の死者が出た3日後の2009年4月27日、WHO(世界保健機関)は警戒水準を〈フェーズ4〉に引き上げました。すると翌28日に日本政府として対策本部を立ち上げ、5月1日には専門家諮問委員会を置いた。これに対して今回は、1月16日に国内最初の感染が判明しているのに、政府が専門家会議の設置を打ち出したのは約1か月後の2月14日。基本方針を策定したのはそれからさらに11日後の25日で、丸々1か月遅れてしまいました」


舛添要一氏 ©文藝春秋

 批判を受けて一転、安倍首相は自ら肝煎り政策を打ち出すようになる。2月には全国一律の休校を要請し、3月は緊急事態宣言の法的根拠となった改正新型インフルエンザ特措法を成立させた。さらに4月には全国全ての世帯に対し布マスク2枚の配布を始めた。

 ところが一斉休校はそれまでの緩慢な対応とは一転して強い判断だったために「唐突だ」と受け取られ、布マスク配布に466億円もかけたことには「ほかにお金の使い方がないのか」という批判も相次いだ。

官邸官僚の劣化

 どうして安倍政権は情勢の変化に即応できていないのか。その理由について舛添氏は、11年前の対応も含め過去の知恵や経験が全く生かされていない、と分析する。

「経験が生かされていないのは、行政の質が落ちているからです。専門的な知見を蓄えてきた優秀な官僚が、安倍政権になって次々と枢要なポストから外された。そのため、優れた人材がいなくなり、必然的に行政機能も劣化してしまった」

 舛添氏が厚労相時代、C型肝炎訴訟や年金記録問題などで深刻な問題に対処するために抜擢し、その後を引き継いだ民主党政権時代にも活躍した有能な官僚は、12年に安倍晋三氏率いる自民党が政権に返り咲くと、「民主党政権に手を貸した」と逆にネガティブに評価され、出世のラインから外されてしまった、と舛添氏は読み解く。

「菅義偉官房長官や今井尚哉首相補佐官ら官邸官僚が人事権を完全に掌握したことで、霞が関の上層部には志を持つ者は減り、官邸ばかりを見てゴマをする役人が増えました。いざ危機に直面しても、大胆な決断と諫言ができる有為な人材はいなくなってしまった」

 かつて強大な影響力を持った厚労族議員ですらすっかり影が薄くなった一方、和泉洋人首相補佐官とのさまざまな疑惑が週刊誌に報じられた厚労省の大坪寛子審議官が、疑惑のさなかにコロナに関する会見に登場する奇妙な現象が起きている、と舛添氏は呆れる。

科学的根拠に乏しい判断

 未知の感染症に向き合う政策には正しい科学的、疫学的知識が不可欠だが、安倍首相の判断にはこうした科学的根拠が乏しい、と舛添氏は指摘する。

「一斉休校を決める際に行った2月29日の会見では『子供たちの健康と安全』を強調していましたが、中国における5万6000の症例を分析したWHOの報告によれば、18歳以下は全症例の2.4%に過ぎず、ほとんどが軽度とされています。あの会見は『子供を守る』と言えば世間受けがよい、という狙いが透けて見えました」

 ちなみに、同じく3月半ばから一斉休校を決めたフランスではオリヴィエ・ヴェラン保健大臣が子供の健康リスクは低いことを指摘した上で、「子供同士が一緒に遊ぶと濃厚接触しやすいし、帰宅して両親や祖父母などに感染させる可能性がある」と休校理由を説明していた。舛添氏は言う。

「科学的根拠を示して国民に呼びかける先進各国の指導者と比べると、安倍首相は専門家にも諮問せずに一斉休校を決め、休校措置を解除する際にもなぜ解除するのかという根拠は語られませんでした」

 こうした行動原理の裏側に、「内閣支持率稼ぎ」という官邸官僚が重んじる“不純な動機”がある、と舛添氏は見る。一斉休校、緊急事態宣言、マスク配布――いずれも危機対応で支持を集めた鈴木直道北海道知事のイニシアティブで実現した政策だったからだ。

 新型コロナ対策が、「人命」ではなく政治的延命に主眼をおいた思惑で動いている、との指摘で、こうした分析を舛添氏は、「文藝春秋」5月号および「文藝春秋digital」に「安倍官邸『無能な役人』の罪と罰」と題して寄稿している。

 連日、東京など大きな都市で感染者が増え続けている。今回のパンデミックは長期戦を覚悟せざるを得ない。危機にいつまでも対応できないでいる政権の責任が問われるのは、これからだ。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(広野 真嗣/文藝春秋 2020年5月号)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    3密で限界 コールセンターの激務

    松崎りえこ

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  5. 5

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    預貯金者は今からインフレ備えよ

    澤上篤人

  8. 8

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  9. 9

    自民重鎮 黒川氏の行動に不快感

    深谷隆司

  10. 10

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。