記事

コロナでわかった真実「やっぱり日本には菅義偉が必要だ」

1/2

安倍政権の危機管理能力について、疑問視する国民が急増

安倍政権の危機管理能力について、疑問視する国民が急速に増えている。「幾多の政権の危機に対し、それらを乗り越えてきた安倍政権が急速に支持を失いかけている理由」とは一体何だろうか。表面上、安倍晋三首相を補佐する主要な人事体制に変化は起きていない。政権を支えてきた麻生太郎副総理兼財務大臣、菅義偉官房長官、二階俊博幹事長らの布陣は、過去の政局および選挙において難なく敵対勢力を蹴散らす鉄壁の強さを発揮してきた。

2014年3月、京都の町に貼られた自民党のポスター ※写真はイメージです - iStock.com/winhorse

このような盤石な政権運営は誰の手腕であったのだろうか。今回の新型コロナウイルス問題への対処を通じ、安倍政権の政権運営において菅官房長官の役割が極めて重要であったことを再確認するべきだろう。

新型コロナウイルス問題が深刻化している米国では、ドナルド・トランプ大統領が同問題の対策のための責任者としてマイク・ペンス副大統領を任命している。米国という巨大国家の官僚機構と民間企業らとの調整役を果たし、各種メディア対応などでも活躍し、その評価が高まることで「ポスト・トランプ」、つまり次期大統領候補者として脚光を浴びつつある。トランプ大統領にとってはイザというときに信頼して任せることができる政権の背骨となる存在がペンス副大統領だと言えるだろう。

安倍政権内で誰が責任者なのかもよくわからなかった

ペンス副大統領の実直な姿勢は、菅官房長官のような実務家気質の雰囲気と通じるものがある。そして、トランプ大統領の新型コロナウイルス対策に関する初動についての世論調査の数字も上々となっている。安定した政権運営を望むなら、その番頭役が効果的に機能することは欠かすことができない。

一方、新型コロナウイルス問題への対応において、安倍政権の初動に関する評価は国民の間で必ずしも高い支持を得ていない。安倍政権内で誰が責任を持ってこの問題に対処しているのかという基本的な事柄ですら、3月6日に西村康稔経済再生担当大臣が新型コロナウイルス対策の担当大臣に任命されるまで国民の目には明らかではなかった。

実際、各種報道から垣間見られる安倍政権の行動は政府与党として整然としたものとは言えないものであった。日本で新型コロナウイルス問題が最初に大きな注目を浴びた出来事は、横浜港に寄港した豪華クルーズ船問題であった。

問題発生当初、隣国中国では既に大混乱が発生していたが、日本では感染症対策本部は立ち上がっていたものの、加藤勝信厚生労働大臣が悪戦苦闘する中で、小泉進次郎環境大臣らは同本部の会議をサボって地元会合に参加している程度の極めてまとまりのない状況となっていた。そして、さまざまな悪条件が重なった結果として、欧米メディアの過剰報道等も相まって、同クルーズ船への対処は日本の危機管理体制に対して世界から疑問を呈されるシンボルとなってしまった。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  5. 5

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  6. 6

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  7. 7

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。