記事

そこにあるのは、「本当に必要なことをピンポイントで訴えかけられない切なさ」かもしれない。

1/2

「緊急事態宣言」後、初めての週末。

ニュースでは、やれどこが閑散としていて、やれどこの人出が多かった等々の話題も出ていたが、多少のレベルの違いはあれど「人の数が減っている」ことに違いはない

中には「ずっと家にこもって一歩も外に出ないことが正義だ!」と思っている人もいるのかもしれないが、「ロックアウト」が喧伝されている海外の主要都市だって、今そこにいる人に話を聞けば、ちゃんと皆買い物くらいには出かけている。

自給自足で三食足るような大草原の小さな家ならともかく、都会の狭い家に住んでいる一般人は、召使いでも雇わない限り一歩も外に出ないで衣食住全部まかなうのは無理。そして、宅配便の配達員やウーバーイーツの配達員は「召使い」ではないのだから*1、外に出ること自体を非難するような風潮は、ホント勘弁してもらいたいものだと思う。

で、そんな時に、最近、かなり露出が増えてきた北大の西浦博教授のインタビュー記事*2とか、NHKスペシャルでのコメントに接し、専門家の知見を普遍的な「政策」に置き換えることの難しさを感じざるをえなかった。

ここで改めて説明するまでもないが、西浦教授のご主張の核になっているのは「接触8割削減」である。

彼らが使っている理論上のモデルだったり、計算式が正しいかどうかを検証するような術を、自分が持ち合わせているはずもないのだが、感染症対策として、他人との接触を極力減らす、というのがもっとも有効な方法だ、というのは素人にも十分にわかる話。

そして、それを「三密」環境の問題だとか、いわゆる「夜の街」の問題といった、初期の感染判明者の感染経路等を地道に追いかけた結果辿り着いた推論と組み合わせれば、本来はそれだけで適切な対策になるはずだ*3

前記インタビュー記事の中でも、

ハイリスクのところの人の出入りを止めると、相当効果があると思います。」(強調筆者、以下同じ)

と一連の対策が「環境」に着目したアプローチから来ていることを強調された上で、

自粛というのは、接触を削減してもらうことだというのが、正確に伝わらないといけません。」

できることもあるということを理解してもらった上で、避けるべきところは上手に避けてほしい。屋内で複数の人が集まるような接触を控えてもらうと、二次感染は起きずに済むのです。」

と、本当の趣旨が「接触回避」であることを明確に説明されている。

にもかかわらず、今、世の中で広く喧伝されているのは、「外出自粛」に(ある種無差別的な)「営業自粛」だったりするわけで・・・(ため息)。

もちろん、スーパーやコンビニ、一部のレストラン、カフェ等、まだ辛うじて営業できているところはあるものの、他の同業種の店が早々と閉めてしまった影響で利用客が流れたり、「営業時間の短縮」という逆効果施策の影響もあって、よほど時間帯を見定めていかないとかえってリスクを増しかねないような状況になってしまっているから、遅かれ早かれ「全面閉鎖」となる悪夢も頭をよぎる*4

その一方で、西浦教授が「踏み込めない」と匙を投げられている「夜の街」だとか、「居酒屋」の類の店が全面的に閉鎖されるにはまだまだ至っていない。

普通の居酒屋はともかく、「夜の街」に関しては、絡め手も含めてやろうと思えばできることはあるはずだし、ハイリスクと分かっているならまずそこから潰すのが最善手のはずなのだが、行政もその辺がどうも及び腰。

結果的に、広く網を掛け過ぎて、世の中の”鬱”感情を増してしまっているように思えてならない。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  3. 3

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  4. 4

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  5. 5

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  6. 6

    安倍首相のコピペ挨拶騒動を検証

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    病と闘い 渡哲也さんの役者人生

    渡邉裕二

  8. 8

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  9. 9

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

  10. 10

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。