記事

マスク2枚にみる日本経済の貧困 求められるのは累進課税の強化と消費税減税

 安倍政権は、首都圏を中心に「緊急事態宣言」を行いましたが、やらないよりはましなのか、やっても効果がないのか、いずれにしてもこれまでの新型コロナウィルスに対する無策のつけが回ってきました。

 経済(+東京オリンピック)優先という発想で、なかなか具体的な対応ができず、やったのは多分、経済に影響しないだろうという観点からの休校処置。子を持つ働く家庭から大いにひんしゅくを買いました。

 そして目玉になるのが、各家庭に2枚の布製のマスクの配布。もう届いているところもあるようですが、これに掛けた予算が460億円。布製では効果があるとかないとかいう議論も沸騰していますが、安倍氏の温かみを感じるという論考はさすがに引きます。

全世帯に布マスク2枚配布「アベノマスク」はなんだか日本的な暖かい政策」(ブロゴス)

 安倍氏の熱狂的なファンなんでしょうね。

 ここにきて結局、マスクの大増産体制が取れないのも、マスク2枚のみというのも日本の経済の貧困さの象徴です。その意味では460億円は無駄です。

 安倍氏のこうした政策に不信、不満を抱くのも当然なのですが、安倍氏も自身の頭の中ではマスク工場で大増産がなされ、国民に分け与えているところを妄想していたことでしょう。そうしたくてもできなかったというのが実態なのであり、結局、布製マスク2枚を支給するのが限度だったという現実があったわけです。

2020年4月12日撮影


 背景にはアベノミクスという税金の無駄遣い(垂れ流し)による日本経済の疲弊です。憲法改正を成し遂げるためには支持率を確保するためには、あたかも経済が活性化しているかのような状況を作り出す必要があり、その手っ取り早い政策が税金の垂れ流しであるアベノミクスでした。

 国の借金が膨大になっている中で、さらに108兆円の経済政策という赤字を上積みするということになるのですが、現状、私たちにとって何ら目に見える形にはなっていません。

 国民も経済対策を行うことを否定していることはありません。

 しかし、安倍政権の下で借金ばかりを増大させ日本経済が弱体化している原因を作ってしまったことによるつけは大きいといえます。

 日本社会全体がこうした経済損失を負担すべきということにはなりますが(それが赤字国債によって経済政策が行われることの意味)、そのためには何よりも累進課税の強化と消費税減税は不可欠なはずです。それが社会全体で負担するという意味です。

 休業要請に所得補償もできないようでは誰も政府の新型コロナウィルス対策を信用することはありません。

 外出自粛要請も自身の身の安全を守るという観点からは、不要不急の外出は誰もが控えます。しかし、行き届かせるための広報がありません。記者会見やSNSで発信していれば足りるというものでもありません。

 営業の自粛を要請するのであれば、その補償もセットでなければ意味がありません。

 これでは安倍政権の対策に不安を覚えるのは当然だし、信用しようにも信用できないわけです。

 結局、力でしか実現できないところが安倍政権の限界です。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  6. 6

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  7. 7

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  8. 8

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    コロナ重症患者数の推移注視せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。