記事

失業したウェイトレスやバーテンダーがアダルトライブチャットに注目する理由

1/2
数百万人のアメリカ人が失業の恐れ――そのため新たな収入源を開拓する人も(Photo by Parilov/Shutterstock)

先月初め、米フォートローダーデール出身の35歳バフィー・モンゴメリー氏は、昼間マッサージ師、夜はプロのマーメイド(正式名称は「水中パフォーマー」)という2つの顔を持っていた。


だが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、月末にはどちらの肩書も失った。「仕事をたくさん抱えていたのは文字通りほんの一瞬。次の瞬間には何も残っていませんでした」と本人。

新たに失業者となった多くのアメリカ国民同様、バフィーも他に収入の可能性を探った。Uber EatsやPostmatesの配達員として登録し、次にZoomでヨガ教室を始めた。だが、自分と同じように失業している人々からお金をもらうのは気が引けた。「それで、Hな人たちからお金をいただくことにしたんです」

バフィーは、風俗業界でいう押し寄せる新規参入者――通称「民間人」――の1人だ。パンデミックで急増する失業のあおりをうけて風俗業界に群がり、WEBカムチャットやカスタム映像の撮影、特典Snapchatや会員限定チャンネルの購読を販売している(多くの場合、これらを組み合わせている)人々のことだ。彼女の友人たち(ウェイトレスやバーテンダーがほとんど)も同じように失業に遭い、風俗業界に期待のまなざしを向けているという。

「信じられないくらい大勢の人たちから、どうすればオンライン風俗を始められるかという質問を受けています」と言うのは、セックスワーカー兼ライターのジェシー・セイジ氏。オンラインマガジンOn Our Moonに、COVID-19時代の風俗に関するコラムも書いている。「(質問の大半は)以前から興味はあったけれど怖かった、という内容です。今はもう失うものはないという感じなんでしょうね」

会員購読サービスIsMyGirlのCEO、エヴァン・サインフィールド氏の話では、この2週間半で出演者の新規登録数が3倍に急増したそうだ。そのうちの2/3は風俗業界未経験者で、ほとんどが最近解雇または一時解雇されたのでは、と推測している。「(オンラインで風俗コンテンツを販売するのに)必要な条件なんかありませんよ。たいして求められるものはありません」

新規参入者が風俗チャットパフォーマーの仲間入りをすることは、意外でもなかろうが、ネット風俗のベテランたちにとっては面白くない。自分たちは何十年とまではいかなくとも、長い年月をかけて存在価値を高めてきたのだから。テレフォンセックスオペレーター兼チャットパフォーマーとして経歴の長いHey_Heidi氏は、慎重に言葉を選びつつも、こうした流れには同調しかねると言った。「こういうにわか連中がやってきて、収入を奪われるんじゃないかとみんなすごく心配しているわ」

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  2. 2

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  3. 3

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  9. 9

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。