記事

13年ぶり『ハケンの品格』主演の篠原涼子「正直、怖かった」

“とっくり”が戻ってきた(写真は公式HPより)

 13年ぶりに、ドラマ『ハケンの品格』(放送開始日調整中、日本テレビ系)が復活する。社員を圧倒するほどのスーパースキルを持った派遣社員・大前春子を演じた篠原涼子(46才)は、当時、役柄も相まって“理想の上司”ナンバー1にも選ばれるなど、“女性が憧れる女性”として圧倒的な支持を得た。13年の時を経たいま、春子を演じる篠原に密着して見えてきた働く女性としての新たな姿とは──!?

【写真】篠原涼子がわが子の運動会に駆けつけた時のプライベート姿

「率直に言うと、うれしさよりもプレッシャーの方が大きかったですね。『ハケンの品格』はみなさんにすごく愛していただいて、私自身も思い入れがある作品だったんです。13年前を超えるものがいまの自分にできるのか…正直、怖かった。でも現場に入ってみたら、本当に13年前にタイムスリップしたような気持ちで春子になれました」(篠原涼子・以下同)

 そう話す篠原。春子の変わらぬ魅力は「いつも自分を変えないスタイルにある」という。

「人って変わっていってしまったり、何かを変えたくなってしまったりするものだから…。春子のように、自分を変えないことって、なかなかできないんですよね。だからこそ、13年前とあまり変わらないスタイルで春子を演じたいと思っていて、参考のために前作も見直しました」

 春子といえば、唯一プライベートが垣間見えるのがフラメンコを踊るシーン。新シリーズでは思わぬ苦労が。

「春子は仕事のスキル面ではもちろん進化しているんですけど、フラメンコのシーンまでグレードアップされていて、振り付けを覚えるのが大変なんです。大前春子は役であって、私自身は13年間フラメンコを習い続けていたわけではないので、ちょっとクレームを出したい気分(笑い)」

 篠原自身の13年前からの変化といえば、“働く母”になったこと。2児の母としての顔を持ちながら女優としても一線で活躍し続けるが、「20代の頃は結婚をしたいという気持ちもあったし、何才まで仕事を続けよう…とリアルに考えたことはなかった」と率直な胸の内を明かす。

「前作の頃には結婚していましたけど、子供は生まれる前だったんですね。ちょうど子供が欲しいなとか、いろいろ考えている時期に重なっていたと思います。いまは2人の子供がいますけど、仕事と家庭の両立で悩まずに済んできたのは旦那さんと子供のおかげ。子供には小さい頃から自分のことは自分でやるようにとお願いしてきたんですけど、2人ともそれができる年頃になって手がかからないので、本当に助かっています」

 最後に働く女性たちへ、悩んだときのアドバイスを聞いてみると…!?

「春子のあるセリフを見たときに、自分の仕事に自信がないというのは、自分に自信がないということ。まずは自分に自信をつけることが大切なんだな…と思ったので、みなさんにもドラマを通してそれが伝わればいいなと思います。私、もともと悩むのが得意ではないんですね。もし、悩むことが起きたら頭をスッキリさせるために、とにかく寝ちゃいます!(笑い)」

※女性セブン2020年4月23日号

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。