記事

新型コロナでオンライン化が進む学習塾 ZOOM利用の自学室も

「ZOOM自学室」では、リアルタイムで不明点を質問できる

 多方面に様々な影響を及ぼしている新型コロナウイルスの感染拡大。その嵐は塾業界にも吹き荒れている。経済産業省からの授業自粛要請を受け、3月から休校措置を執った学習塾も多い。各学校が突然の休校でまごついているなか、学習塾は次々とオンラインを活用した学習支援に乗り出した。

【別写真】花見自粛要請の中、NEWS手越祐也らと”花見”をする安倍昭恵さん

「先生!」(女児)
「どうしましたか?」(講師)
「算数の質問がしたいです」(女児)
「はい、わかりました」(講師)

 パソコン画面に映る5×5の25マス。それぞれに机に向かう子供の頭や横顔、手元、講師の顔を映している。みな黙々と勉強をし、質問があると講師に声をかけてネット上の別室に移動してマンツーマンの指導を受ける。

 これは都内を中心に教室を構える学習塾『スクールFC』の『ZOOM自学室』。無料で利用できるビデオ会議システム『ZOOM』を活用し、オンライン上の自学室を開設したのだ。出入り自由、利用時間も自由。学年ごとに決められた部屋にログインし、講師や塾生たちの姿を画面越しに見ながら自習に励む。

「わからないことは、手を挙げて講師に質問できるといった双方向のやり取りが可能です。初めての試みでしたが1日約200人の利用があり、生徒にも保護者にも好評です」(同塾代表・松島伸浩さん)

 これを受けて『ZOOM自学室』は継続。また、4月13日から通常の授業をライブ配信、録画配信などのオンライン授業に切り替え、自宅から学習が継続できる。

 東京・三鷹市にある子供の好奇心を引き出す学習塾『探究学舎』は3月2~20日まで平日は毎日YouTubeで授業を無料配信。生ライブには毎日子供たち3000人がアクセスし、大きな話題を呼んだ。探究学舎代表の宝槻泰伸さんは言う。

「オンライン授業は1年前から取り組んでいたこともあり、ノウハウがすでにあったため、すぐ対応できました。

 今回、当たり前に通っていた学校や塾が突然休校になるという、異例の事態が起こりました。そんな状況に、ICTを活用したオンライン授業などの代替手段の有用性を実感した家庭も多いでしょう。コロナ騒動はある意味、学校や既存の教育を見直す大きな転換点となると思います」

 今回の騒動によって、自治体や学校ごとにICT教育の取り組みにばらつきがあることがはっきりした。それは学習塾もしかり。子供たちの学びの機会に、大きな差が広がっている。

※女性セブン2020年4月23日号

あわせて読みたい

「Zoom」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  4. 4

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  6. 6

    眞子さま 4月から無職の可能性も

    女性自身

  7. 7

    歯磨きで感染? 断定報道「誤り」

    川島透

  8. 8

    朝日と産経 動画でまさかの連携

    岸慶太

  9. 9

    国民煽る河野氏「和製トランプ」

    SmartFLASH

  10. 10

    小池氏が応援遊説 宣言下に驚き

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。