記事

【東京都】ネットカフェ休業で行き場を無くした人が利用できる無料滞在施設は?

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京都が休業を要請した対象に「遊興施設」としてインターネットカフェが含まれた。都内でネットカフェに寝泊まりしている人の数は約4千人と推計され、こうした人々が行き場を失うことが懸念されている。

足成

そんな中、自治体や支援団体などでは、ネットカフェ利用者を支援し、一時的な滞在場所を確保する動きを進めており、東京都もホテルなど数千室を無償提供する方針であるという。不安定就労者のための自立支援相談の支援センター「TOKYOチャレンジネット」では、この週末に無料で利用できる施設を紹介している。

日本共産党東京都議会議員団は10日、Twitter上で東京都福祉保健局が進める事業として「ホテル約2000室あります」とアナウンス。都の担当部局が週末で対応できないため、TOKYOチャレンジネットが窓口になることを伝えている。

11日午前現在、東京都の公式サイトなどにはこの情報は記載されていないが、TOKYOチャレンジネットの担当者によると行き場を失った人を対象にホテルなど無料で滞在できる場所を案内しており、11日は朝から多くの問い合わせがあるという。

「部屋の総数は把握できていませんが、私たちが用意している部屋と、週明けから各自治体が提供する滞在場所の合計が2000室という数字なのかもしれません。TOKYOチャレンジネットでもホテルや一時住宅など無料で利用できる滞在場所を案内しています」

利用の流れとしては、まずは電話で連絡し、その後新宿・歌舞伎町に設置された相談窓口に足を運ぶ必要があるという。手続きのために必要になるのは本人確認書類のみで(ない場合も応相談)、連絡した当日から用意された部屋に宿泊できるということだ。

13日からは都や自治体の窓口での相談も可能になるが、この週末に滞在する場所がない人はTOKYOチャレンジネットへ連絡する方法を知っておいて良いだろう。

TOKYOチャレンジ相談窓口
0120-874-225(東京都内からのみ)、代表電話は03-5155-9501

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。