記事

米政府専門家「後退の時ではない」、経済早期再開論に警戒感


[ワシントン 10日 ロイター] - 米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は10日、新型コロナウイルスの被害が大きいニューヨークなどでも改善の兆しが出ているが、行動規制を解除するのは時期尚早という見解を示した。

ムニューシン財務長官とのカドロー国家経済会議(NEC)委員長は前日、5月にも経済活動の再開に着手する可能性があるとの考えを表明。また、11月の大統領選で再選を目指すトランプ大統領も会見で、極めて近いうちに再開できることを望むと述べた。

これに対し、ファウチ所長はCNNのインタビューで、経済活動再開前に「非常に明確で力強く正しい方向に進んでいるというはっきりした兆候を確認したい。拙速に解除して元の状態に戻ることは避けたいからだ」と警戒感を示した。

米国は12日に復活祭(イースター)の祝日を迎えるが、ファウチ氏はソーシャル・ディスタンシング(社会的距離戦略)継続は重要だとし、「後退する時ではない」と強調した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。