記事

米消費者物価、3月は前月比-0.4% 新型コロナで5年ぶり下落率


[ワシントン 10日 ロイター] - 米労働省が10日発表した3月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.4%下落と、2015年1月以来の大幅なマイナスとなった。新型コロナウイルスの感染拡大により一部のモノやサービスの需要が減っており、供給網の混乱による不足に関連した値上がりを相殺している。CPIは今後一段と下落するとみられる。市場予想は0.3%下落だった。

2月は0.1%上昇していた。

3月はガソリンや宿泊、衣料、航空費が値を下げた。前年同月比は1.5%上昇。市場予想は1.6%上昇だった。2月は2.3%上昇した。

労働省によると、3月の集計は新型ウイルスに影響された。対面による調査を3月16日に停止したほか、一部の機関が一時的に閉鎖もしくは稼働を縮小していることから、一時的に集計ができず補完データで算出したものが増えた。多くの指数は通常より標本数が少ないほか、通常公表される指標のいくつかは3月に公表されなかった。

新型ウイルスの感染拡大を抑えるために州や地方政府が厳しい規制を導入する中、飲食店やその他の社交場は打撃を受けている。衣料品店は休業しているほか、一部の製造業も稼働を停止。交通機関も大幅に制限され、こうした中で何百万人もの失業者が出た。

世界経済が深刻な景気後退に陥るとの不安や、サウジアラビアとロシアの価格競争を巡る懸念から、原油価格は急落した。供給網の混乱による物価上昇を相殺するとみられる。

変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比0.1%下落し、10年1月以来初めてマイナスとなった。前月まで2カ月連続で0.2%上昇していた。3月は新車の値下がりが一つの押し下げ要因だった。3月のコア指数の前年同月比は2.1%上昇した。2月は2.4%上昇していた。

FRBが物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は2月に前年同月比1.8%上昇した。1月は1.7%上昇だった。19年は1月から12月まで、目標の2%を下回った。前日に発表された3月の卸売物価指数(PPI)は、コアPCE価格指数に組み入れられる項目の一部が弱含んだことから、エコノミストは物価が3月に減速したとみている。3月のPCEは今月下旬に発表される。

CPIの前月比内訳は、ガソリンが10.5%下落で、16年2月以来の大幅な下げ。2月は3.4%下落していた。食品は0.3%上昇。前月は0.4%上昇した。家庭用食品は2カ月連続で0.5%上昇だった。

帰属家賃は0.3%上昇。2月は0.2%上昇だった。住居費(ホテル・モーテル)は7.7%、航空運賃は12.6%それぞれ下落し、ともに過去最大の下げを記録した。

医療費は0.4%上昇。前月は0.1%上昇だった。衣料は過去最大の2.0%下落。1月は0.4%上昇だった。新車は0.4%下落し、18年4月以来の大幅な下げ。一方、中古車は0.8%上昇。2月は0.4%上昇だった。

PNCファイナンシャルのチーフエコノミスト、ガス・ファウチャー氏は、デフレが現時点の大きな懸念だとし、「新型コロナ流行によるさらなる需要低迷や行動規制を受けて企業が価格を引き下げており、デフレは今後数カ月にわたり続くだろう」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  2. 2

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  5. 5

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  6. 6

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  7. 7

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  8. 8

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  9. 9

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。