記事

本田圭佑選手の「政府も全員を救うことは出来ない」は危険なウソ

本田圭佑選手の「政府も全員を救うことは出来ない」

サッカー日本代表でも活躍した著名な本田圭佑選手が4月9日にTwitterを更新した。

「政府も全員を救うことは出来ない。優先順位の高いもんを政府が助けて、低いもんを国民同士で助けられるかどうか。」という。

これにはさすがに社会福祉学の立場から異議を申し上げておきたい。

どの水準で救うのかは議論があるが国家責任の原理は忘れてはいけない

実態はそうなっていないので日本国憲法25条を持ち出すことにも違和感はあるが、社会福祉を国が提供する責務を規定している最高法規は日本国憲法である。

まず社会福祉学を専攻する大学1年生は以下の条文に触れる。

日本国憲法 第二十五条

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

その上で、具体的にどのような程度や水準で国民を救うべきか、検討を重ね、実際に支援をおこなっている。

まず確認しておかなければならないのは「国は国民全員に健康で文化的な最低限の生活を保障しなければならない」ということ。

本田圭佑選手がどう言おうが、国には国民全員を救う責務がある。

当然ながら、憲法25条を具現化した生活保護法の目的にも第1条に「日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること」と規定されている。

繰り返すが、国・政府は全ての国民を困窮した場合、救うこととしているのである。

いわゆる公助領域として確立している福祉の原理思想でもある。

もちろん、本田圭佑選手はTwitterで以下のように追記しているように、主権者たちが構築した国・政府が優先順位を低いものとして扱う領域もある。そこには公助とは別に共助でどう支えるか、という議論も実践もある。

私も共助として、人々が相互に支え合い、公助を補うことは否定しない。

実際には子ども食堂など、やらないよりはやった方がいい活動は公助ではなく、共助で支える活動である。

これらは自由にそれぞれが考えて展開すればいいだけで、国家責任の議論と全く論点が違うものだ。

しかし、共助の福祉実践を重ねる中で、国や政府の不備や政策の欠陥を指摘しなければ、いつまでも人々の暮らしはよくならない。

要するに、政府に文句も言う、そして現場で支援活動もする、と言うのが福祉実践家(ソーシャルワーカー)の正しい姿である。

今は緊急事態であれ、通常と変わらず、政府が国家責任による保護を追求していく必要がある場面である。

これを安易に放棄させるようなこと、放棄させてもよいかのように受け取られること、をいうべきではないだろう。

そもそも、日本は経済大国3位の先進国だと喧伝している。

以前よりは経済成長率は落ち込み、課題も山積しているが、全体で見れば富は十分にある。

先人から引き継がれてきた自然環境も豊かであり、農林水産資源も豊富にある。

食料事情、市民の生活状況は政治でいくらでも改善することも可能だ。

つまり、政府や国はその富の配分に関わり、国民を救うことは十分できる力、権限を有している

問題は主権者が政治や行政を使い、それをさせるか、させないか、だ。

これ以上は政治の問題なので、どのようなシステムに支持を表明するかは、私たち市民が主体的に考えなければならないだろう。

賢明な本田圭佑選手とは、安易な自己責任論、政府の責任放棄に至らないように、一緒に社会福祉を語りたいものだ。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「社会福祉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    マニアが絶賛 無印カレーの凄さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。