記事

中学校教科書の検定結果公表 教員の力量は

コロナウイルス関連のことが連日大きく報じられていますが、その間に、大事なニュースもあります。

文部科学省は、3月24日に、2021年度から中学校で使う教科書の検定結果を公表しました。

教科ごとの平均ページ数は、現在の教科書から7.6%増えて計1万1280ページになり、平成以降で最多になりました。

新学習要領の柱とされる「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング」の実現に向けて、生徒同士の対話型の活動を増やしたほか、学ぶ過程を丁寧に解説する傾向が強まった、と報じられています。

22社が計115点(157冊)を申請し、106点(145冊)が合格しました。英語が約13%ページ数が増えるなど、教員や生徒がこなしきれないことも考えられますが、文科省は、「授業や指導に役立つ記述も増え、純粋に負荷が高まったとは言えない」と説明しています。

アクティブラーニングは、各地の中学校で十分広まっている、とはいえないと指摘されています。

経済協力開発機構(OECD)が2018年に、日本の中学校教員約3600人にアンケートしたところ、「グループでの問題解決」を授業にある程度取り入れていたのは44.4%、「解決法がない課題の提示」は16.1%にとどまりました。

ある公立中学校の教諭は「深い学びの実現には、じっくりと教材研究する必要がある。雑務や部活指導などに追われ、時間が足りない」と語っています。

教育評論家の尾木直樹氏は、「マニュアルのように作り込みすぎの気もする。手際よく授業はできるが、手順のまま教えればいいと錯覚する危険もある。深い学びをするには教員の力量が問われる。まず、教員自身が主体的になること。」と話しています。

それには、いつも指摘するように、諸外国と比べても忙しすぎる日本の教員の働き方改革が必要だと思います。

充実した授業をするには、子どもたちが減るからといって、ただでさえ少ない教育予算を削減するのではなく、教員を増やすなど必要な予算を増やす等の環境整備が必要です。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    森氏発言に見えた「五輪難しい」

    文春オンライン

  3. 3

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  4. 4

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  5. 5

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  6. 6

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  7. 7

    鼻マスク失格 秩序守った監督官

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    中国で停電続く 対豪報復がアダ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    医療整備に腹くくれない首長たち

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    米を襲う変異株 ロスは壊滅的に

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。