記事

5人中4人が無症状とも……現役医師が訴える「“三密自粛”だけでは、もう医療崩壊を防げない」 徳田安春医師インタビュー - 鳥集 徹

1/3

 日本でも新型コロナウイルス(COVID-19)のオーバーシュート(爆発的患者急増)が現実味を帯びてきました。とくに東京を中心とする首都圏は感染経路不明の新規患者数が増え始め、深刻な状況となっています。

 これから患者が急増すると、新型コロナウイルス感染症による重症患者が次々と医療機関に搬送されて、本格的な医療崩壊を起す恐れがあります。そんな緊迫した状況の中、医療崩壊を心配する有志の医師3人が、「COVID-19対策への緊急提言」を4月4日に公開しました。

600人以上の医師の賛同を得た提言

 3人の提言の要点は次の通りです。

(1)PCR検査の適応を一般の医療機関の医師に判断させる。

(2)休校中の公立学校校庭などをテストサイト(検査場所)とするか、または医師会指定の輪番医療施設などを利用して、PCR検査を実施する。

(3)軽症者の感染症指定医療機関への無断受診は原則禁止として、地域の医師会が指定する輪番医療施設に受診するか、オンライン診療を提供する。医師によるPCR検査や抗体検査の適応指示もオンラインや電話診療等で可能とする。

(4)ホテルや選手村などを改造して医療管理可能な施設とし、指定医療機関に入院中の軽症者をそこに移す。

(5)PPE(マスク、ゴーグル、ガウンなどの感染防護具)を迅速大量生産する。

 この提言はフェイスブック上で公開され、現在までに600人以上の医師の賛同を得ているそうです。緊急提言を行った理由を、有志の一人で、総合診療医である徳田安春医師(群星沖縄臨床研修センター⻑)にうかがいました。


緊急事態宣言を行った安倍首相 ©AFLO

陽性者の5人に4人が“無症状”だった

──どうして、このような提言を出すに至ったのですか?

徳田 現在、日本では厚労省による「クラスター対策」と「三密」の自粛の呼びかけが行われています。SARS(急性呼吸器症候群)など、ほぼ全例の感染者が明らかな症状を起こす疾患では、過去にさかのぼる接触者追跡ができるので、クラスター対策が有効です。

 しかし、有力な医学誌「BMJ(イギリス医師会雑誌)」の4月2日の報告によると、先週、中国で行われた新型コロナウイルス検査で陽性と確認された166人のうち、実に5人に4人にあたる78%(130件)が、明確な症状を示さなかったというのです。

 乗船者の平均年齢が高いダイヤモンド・プリンセンス号の感染データでも、51%もの無症状者がいました。無症状者は感染者の2分の1から5分の4を占めると考えられるようになっています。無症状者を含めると、軽症者を含めた全症状者の最低約2倍は感染者がいることになります。

 しかも、その無症状者からも他の人々に感染させる可能性が示唆されてきています。このような潜伏性により全国に散布されて、あちこちでクラスターが発生する状況では、一定のクラスターが見逃されてそこから広がる恐れがあるのです。

──つまり、現在のクラスター対策だけでは無症状感染者を把握できないために、感染拡大阻止に限界がある。だからこそ、PCR検査を医師の判断で迅速に行えるようにすべきだということですね。

実際の感染者は「発表人数の12倍ほど」か

徳田 はい。現在、日本では厚労省の手引きに基づいて、曝露歴あり(感染者に接触した人)かつ発熱または呼吸器症状や、原因不明または増悪する肺炎など、新型コロナウイルス感染症を強く疑う症状のある人を中心にPCR検査が行われています(参照:「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き」)。

 その後、「医師が総合的に判断した結果、新型コロナウイルス感染症を疑う」という要件が追加されましたが、「実施に関しては保健所へ相談すること」となっています。ところが、なかなか保健所に電話がつながらない、あるいは断られるといった実態があり、多くの医師は「軽症では検査はやらない」と決めています。そのために、事実上、発熱のない咳、嗅覚低下、味覚低下などの軽症者は検査されない流れとなっているのです。

 しかし、もともとこの感染症では、軽症者が約80%もいることがわかっています。すなわち重症者の約4倍です。しかも、仮にPCR検査の感度(感染者を陽性と正しく判定できる確率)を70%程度、すなわち約3分の2とすると、偽陰性(感染しているのに、陰性と判定され見逃されること)が約3分の1になるので、感染者は検査で陽性となった人の約1.5倍いることになります。

 そのうえ、前述したように軽症者を含めた全症状者の最低約2倍は感染者がいることを考慮すると、現在顕在化している陽性感染者数の1.5(偽陰性による見逃し)×4(検査されない軽症者)×2(無症状)=12倍は感染者がいると考えるべきなのです。

もはや東京は誰が感染しているかわからない状態

──そうすると、東京では4月7日に累積感染者が1195人と発表されましたので、その12倍の1万5000人近くの感染者がいる可能性があるということですね。

徳田 その通りです。しかも、軽症感染者や無症状感染者は普通に動けますので、多くの人に感染を広げている可能性があります。これだけ増えると非典型例もみられています。脳梗塞や急性心筋梗塞で救急入院された患者を治療してみたら、その後肺炎が明らかになったのでPCR検査をすると陽性だった、という例が国内でも出ています。

 日常診療に携わっている私も、新たに受診する患者さんのうち誰が新型コロナウイルスの感染者かわからないので、初診外来では注意しながら診察しています。とくに東京は、もはや誰が感染しているかわからないという前提で、対策をとるべきなのです。

──そのためにも、PCR検査の抑制政策をやめるべきとのご提言ですが、PCR検査は検査前確率が低い(感染者の割合が少ない)集団に行うと陽性的中率(感染者を正しく陽性と判定する確率)が低くなり、「偽陰性」だけでなく「偽陽性」の人も大量に出てしまいます。それでもたくさんの人に行うべきですか?(詳しくはこちらの記事を参照:「なぜワイドショーは解説しないのか? 『PCR検査をどんどん増やせ』という主張が軽率すぎる理由」)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  10. 10

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。