記事

『100日後に死ぬワニ』作者がネットの噂を否定「今も悲しい」

 話題の漫画『100日後に死ぬワニ』の作者きくちゆうき氏が、4月7日放送の『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)で制作秘話を語った。

 きくち氏は2019年12月19日から自身のツイッターとインスタグラムで毎日同作を連載。3月20日に最終回を迎えると、単行本化、映画化、グッズ販売、いきものがかりとのコラボなどが次々と発表されて、ネット上にはさまざまな意見が飛び交った。

 きくち氏は「連載を始めて3日目ぐらいから、いろんなところから『本にしたい』『グッズを作りたい』って」とオファーが殺到したことを明かす。漫画を描きながら1人で対応していたが、昨年の年末、仲間を通じて「マネジメントしたい」という話が来て、そこから漫画に集中できるようになったという。

 あまりの依頼の数に「いろいろ決まっちゃって、僕にはどうにもできないパワーがあって」と戸惑いもあったと話す。

 きくち氏は、昨年12月4日に東京都西多摩郡の箱根ヶ崎駅の写真を投稿して「約2時間掛けて打ち合わせしてきた」と報告。具体的な打ち合わせ相手が明かされていなかったこともあり、ネットでは、その付近にある電通研究所に行ったとの憶測が飛んだ。

 だが、きくち氏は「電通の研究所に行ったんだろうとめちゃくちゃ拡散されちゃって。違うのに」と否定。真相は、「(大型ホームセンターの)ジョイフル本田から『ライブペイントしてください』って」とまったく別案件だったことを明かした。

 連載中は「DMで『お前が死ね』みたいなめちゃくちゃ過激なメッセージも来た」と振り返っており、大騒動について「今も悲しい」と心境を告白していた。思わぬ炎上に戸惑いを隠せなかったようだが、本人は愚直に漫画を描いていただけに同情を禁じえない。

あわせて読みたい

「炎上」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  4. 4

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  6. 6

    眞子さま 4月から無職の可能性も

    女性自身

  7. 7

    国民煽る河野氏「和製トランプ」

    SmartFLASH

  8. 8

    歯磨きで感染? 断定報道「誤り」

    川島透

  9. 9

    小池氏が応援遊説 宣言下に驚き

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    ワクチン接種 大混乱生む可能性

    川名 ゆうじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。