記事

NY州、新型コロナ新規入院者が大幅減 死者は3日連続で最多更新


[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米ニューヨーク州のクオモ知事は9日、新型コロナウイルス感染症による新規入院者数が大幅に減少し、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)が奏功している兆候を示しているとの認識を示した。

しかし、州内の新型コロナによる1日の死者数は799人と、3日連続で最多を更新。死者は累計7067人となった。

新規入院者数は200人と、前日の約3分の1の水準に減り、初の感染が確認されてから最少となった。

クオモ知事は、非必須事業の休止や学校閉鎖、ソーシャル・ディスタンシング措置の効果によって、ニューヨーク州では新型コロナ感染者の「増加曲線が平坦化している」との認識をあらためて示した。

ただ、「気を緩めるわけにはいかない」と強調、感染者の増加ペースが落ち着きつつあるのは対策を取った結果だとした。

知事は、ロックダウン措置を緩めることは感染の第2波を招くリスクがあると警告。1918年に始まったスペイン風邪のパンデミックが3波にわたって流行したことに言及した上で、感染拡大防止に向けた「行動を止めれば、数字は増加するだろう。われわれは最悪のシナリオに対処することはできない」と警鐘を鳴らした。

<米国の死者は累計1万6500人超え>

NY州の死者数はここ数日、全米の合計の半分近くに達している。米国の感染者の累計は46万人を超え、世界で最も多い。国内の死者の累計は1万6500人を超えた。

米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は国民に対し、引き続き自宅にとどまることが重要だと強調した。

クオモ知事は今回の危機を2001年9月11日の米同時多発攻撃になぞらえ、「社会に後から後からさざ波のように押し寄せる静かな爆発」だと指摘した。

カリフォルニア州のニューサム知事は、州内で1日当たりの集中治療室(ICU)入室患者数が9日に約2%減少したことを明らかにし、ソーシャル・ディスタンシング措置の効果が表れ、ここ数週間で初めてマイナスになったと説明した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  5. 5

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  6. 6

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  9. 9

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  10. 10

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。