記事

【新型コロナウイルス】SNSきっかけで相次ぐ沖縄への避難 行政も住民も歓迎できない背景とは

2/2

観光振興か感染拡大防止か 分かれた島民の思い

石垣市長は、4月6日以前にも記者会見を行なっている。最初に「自粛要請」をしたのはその一週間前の3月31日。偶然にもその日は、〝島嫁〟さんがくだんの記事を公開した日だったが、一島民の切なる訴えのほうにインパクトがあったのか、全国メディアにも取り上げられ話題となった。

〝島嫁〟さんにメールで質問すると、次のように答えた。

「ブログは諸外国の状況を見て、また島民のあまりの危機感のなさに驚愕して、過激目なタイトルを付けて石垣島の現状を引き合いに出し、島民や観光客に警鐘を鳴らしたまでですが、こちらの真意が伝わらなかったのか、観光業の方たちからは、それは島民の総意なのか? などと非難轟々の声が上がったと聞きました。でも、ブログを見て独自にツイートしてくださった皆さんのお陰で、メディアにも取り上げられ、県や島民や行政もやっと危機感を持って動き始めたな…と思いました」

非難轟々とは穏やかではないが、島内でブログに対する賛否両論が渦巻いた様子について、前出の飲食店勤務の女性はこう話す。

「島では観光業で生計を立てている方も多く、コロナウイルス感染が長引くかもしれないといった不安や、ブログタイトルのせいで客足が途絶え収入がなくなっては困るといったコメントを、SNSで目にしました。

あのブログのメッセージは、みんなが危機感を持って責任ある行動をとろうということだったと、私は受け止めましたけど、反対する人たちの言い分は、来ないで! なんて言って収束後にお客さんが戻って来なかったらどうするんだ、と。でも、その前にコロナ感染者が出たらどうするのっていうのが、若い島民たちの意見なんです」

BLOGOS

デニー県知事 「沖縄県民の命と健康を守ることが最優先だ」

4月の新学期前というタイミングでのブログ発信、また何より石垣市長の要請会見が功を奏してか、ここ1週間は若者たちや家族連れのコロナ避難組がグッと減り、島内も静けさを取り戻してきているようだ。

同じ時期、竹富島では、港にあるショップに、「竹富島に観光で訪れた皆様へ」「せめてマスクを着用してください」と書いたPOPを掲示した。竹富島に住む多くの高齢者への新型コロナ感染拡大を恐れてのことだ。

担当した市瀬健治さん(竹富島未来づくり実行委員会)は制作した意図をこう話している。

「4月に入り、石垣島からの船もそれまでの1日16便から4便に減便され、観光客はかなり少なくなりました。でもやっぱりまだ、マスクを着用していない方はいます。おじぃ・おばぁが多いので感染しては困るということがまずありますし、島にひとつの診療所に医師は1名しかいませんから、コロナの疑いのある観光客と接触して何かあれば島の医療はすぐに崩壊してしまいます。感染拡大が収まったとき、島民がひとりも欠けることなく、竹富島らしい風景のなかで皆さんをお迎えできるよう、どうかご協力をお願いしたいという思いであれを作りました」

また、与那国島で人気のダイバー民宿・よしまる荘では、4月5日から28日までの休業を3月末から決めていたが、その理由も宿泊客や島民への拡散防止を願ってのことだった。

「東京での感染拡大状況を見て、営業自粛を早めに判断しました。当店には、スキューバダイビングを目的として、国内外から多くのゲストが来店されますから、ゲストからゲストへ、ゲストから従業員へ、従業員から島民へと、爆発的に増えてしまう可能性があります。いまは多くの人に与那国島の海を案内できる日を信じて、できることを粘り強くできたらいいと考えています。全世界のすべての人が1日も早く、安心して生活できる日が来るといいですよね」 (与那国ダイビングサービス・代表の和泉さん)

8日午前、玉城デニー沖縄県知事は記者会見の席上、次のような言葉で「沖縄県への来県自粛」を要請した。

「観光をリーディング産業とする沖縄県において、渡航自粛要請が本県に及ぼす影響は決して小さいものではないが、何よりも沖縄県民の命と健康を守ることが最優先だ」

記者会見で県外からの訪問自粛を要請する沖縄県の玉城デニー知事=8日午前、沖縄県庁(共同通信社)

「命どぅ宝」。コロナ禍が収束したとき、そのウチナンチューの伝統こそは、観光立県・沖縄の懐かしくて新しいリソースになっていることを願わずにはいられない。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    即席ラーメン人気が再燃した背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。