記事

新型コロナで景気落ち込み、かなり深刻度大きい=日銀大阪支店長


[東京 9日 ロイター] - 日銀の山田泰弘大阪支店長(理事)は9日、支店長会議後の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大による管内の景気の落ち込みについて「かなり深刻度は大きい。企業の業況感は非常に悪くなっている」と述べた。

日銀は地域経済報告(さくらリポート)で、全9地域の総括判断を引き下げた。[nL3N2BX1JM]近畿の判断は前回1月の「一部に弱めの動きが見られるものの、緩やかな拡大を続けている」から、「新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、弱い動きとなっている」に引き下げた。

山田支店長は判断引き下げの理由として、1)各国の移動制限でインバウンドの流れが事実上ストップしたほか、外出の手控えで個人消費も軟化、2)輸出・生産の弱さに広がりが見られている、3)設備投資では5G関連や省人化投資は積極的だが、感染拡大で企業業績の不確実性が大きく投資計画見直しの可能性――の3点を指摘した。

企業の資金繰りについては「幅広い業種で、売り上げ減少による資金繰りへの影響が見られている」と指摘。管内の地域金融機関は政府系金融機関と連携しながら資金繰り支援に努めているが、山田支店長は「新型コロナの企業活動への影響は不確実。(地域金融機関が)サポートし続けているか、注意深く見ていきたい」と述べた。

緊急事態宣言については「消費を始め一時的に経済活動には影響をもたらすが、外出制限の徹底で感染症の拡大が早期に抑えられることが期待される」と指摘した。

(和田崇彦 編集:田中志保)

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  8. 8

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  9. 9

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  10. 10

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。