記事

米失業保険申請、4日終了週は前週比減か 過去最多に近い水準続く


[ワシントン 9日 ロイター] - ロイターのエコノミスト調査によると、米労働省が9日発表する4月4日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は525万件となり、前週の664万8000件から減少する見込み。

だが、依然として過去最多に近い水準となり、3月半ばから4月4日までの3週間の新規失業保険申請件数は合計1500万件を超える見通しだ。

4日終了週の申請件数が前週から減少する理由としては、政府が季節調整に用いるモデルによって同週のデータに減少方向のバイアスがかかることが考えられる。ロイター調査の予想上限は929万5000件だった。

9日発表される新規失業保険申請件数は、4月の失業者が最大2000万人に上るとのエコノミスト予想の裏付ける見通しだ。

労働省が3日発表した3月の雇用統計では非農業部門雇用者数が前月から70万1000人減少。減少幅は2009年3月以来最大を記録し、2010年9月以来113カ月連続だった記録的な雇用増が終わった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  5. 5

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  8. 8

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  9. 9

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

  10. 10

    ロイホ大量閉店 コロナの厄介さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。