記事

「緊急事態宣言」が出ても芸能界はノーテンキ!?

1/2

新型コロナウイルスの感染拡大と緊急事態宣言で芸能界がパニックに陥っている。この欄でも芸能界における新型コロナ感染については何度も記してきたし、テレビ局に対してもチェック体制の強化を訴えてきたのだが、ネガティブな意見はスルー状態だった。

芸能界やテレビ局だけが「特別な場所」なんてことはあり得ない。大阪の毎日放送では60代の制作担当役員が新型コロナに感染して死亡したことが分かった。事は大阪のテレビ局だが、在京テレビ局――とりわけ、テレビのワイドショーでは連日、専門家やコメンテーター、さらにはタレント、お笑い芸人らが次々に出演し「認識が甘い」「危機感が足りない」、さらには「政府の対応が遅い!」など言いたい放題だったが、先の見えない疫病に、どこも九官鳥のように同じことを繰り返すだけだ。

そこまで言うならスタジオに出向くのは断って、自宅から「テレワーク出演」でもした方が、単なるパフォーマンスだとしても説得力があるのだが…。

やっと危機対応を始めたTV局 NHKが皮切り

BLOGOS編集部

「最近はテレビでも出演者が隣との距離を離して、手を広げるパフォーマンスをしながら『濃厚接触を避けています』なんてアピールしていますが、一歩スタジオから離れ、カメラに映らない場所に行ったら濃厚接触しまくっているわけですから…。しかも、緊急事態宣言で美容室・理容室などは営業のグレーゾーンになっていますが、テレビ局には必ず衣装やヘアメイクもいます。事情が違うと言えばそれまでですが、どう考えても、やっていることと言っていることに違いがあり過ぎます」(芸能記者)

これでは対応がご都合主義だと言われても仕方がない。

そんな状況の中、ここに来てようやく在京のテレビ局も外部出演者の生出演や収録参加を取りやめ、ロケ収録の見合わせなどを明らかにし始めている。

最も機敏に動いたのがNHKだ。関連制作会社のNHKエンタープライズも含めての対応をとっている。朝の連続テレビ小説「エール」や大河ドラマ「麒麟がくる」の収録を見合わせた他、すでにクランクインしていた今秋放送の朝の連続テレビ小説「おちょやん」についても、収録の休止を明らかにした。

その他のスタジオ収録や外部出演者については「感染予防を徹底して、緊急性・必要性のあるニュース、報道番組を除いて、お越しいただかない」(NHK関係者)と言い、朝の情報番組「あさイチ」でMCを担当してきた博多華丸・大吉についても「スタジオ出演を見合わせリモートでの参加になりました」としている。

それだけではない。局内にあった新聞社・通信社で加盟する「放送記者クラブ」もロックダウン。「NHKが幹事社である読売新聞社に打診する形で閉鎖してしまいました」(スポーツ紙の放送担当記者)。

TBS「半沢直樹」は放送延期 各局の危機意識はまちまち

BLOGOS編集部

さすがに民放各局も社内の制作体制の対応に苦慮している。

TBSは、現時点で報道・情報番組以外は4月19日までロケを含むスタジオ収録を全て見合わせている。このため、今月からスタートする予定だった日曜劇場「半沢直樹」(堺雅人主演)や火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(多部未華子主演)、金曜ドラマ「MIU404」(綾野剛・星野源主演)など連続ドラマ3本の放送を延期した。

「不特定多数の人と接触するケースが多いので感染防止を考慮した」と説明しているが、前記した毎日放送ではないが、TBSでも3月31日に、60代の派遣契約スタッフ、さらに4月2日には30代の男性スタッフが新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになっていただけに深刻度も高い。

その他、日本テレビも4月20日までドラマやスタジオ収録の休止を明らかにしている。その一方で、やや緩い対応を考えているのがテレビ朝日とフジテレビ、そしてテレビ東京だ。

いずれの局もスタジオでの収録については何らかの規制を加えており、テレビ朝日は「(休止するのは)一部の番組」とし、その期間に関しても「個別に判断する」。フジテレビは、ロケについては、大規模なロケではない限り「特に規制はしない」ようだ。テレビ東京も「状況判断」としている。

局によって番組が関連制作会社と完全外部制作なのかと言うことで対応にも違いがあるが、局内制作に関してはほとんどが自粛となっている。そんな中、

「独自路線を貫いているテレビ東京は、安倍総理の緊急事態宣言の時間に乳児向け番組『シナぷしゅ』を放送していましたが、これにはさすがに視聴者からも疑問の声が出ていました。やはり、編成の違いもありますが局によって危機意識はまちまちということでしょうか」(スポーツ紙の放送記者)。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    3密で限界 コールセンターの激務

    松崎りえこ

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  5. 5

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  6. 6

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    預貯金者は今からインフレ備えよ

    澤上篤人

  9. 9

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  10. 10

    自民重鎮 黒川氏の行動に不快感

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。