記事

豪銀行、新型コロナ乗り切れる 一部にリスク=中銀金融安定報告


[シドニー 9日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は9日公表した金融安定報告で、国内銀行は新型コロナウイルスの感染拡大を十分乗り切れるとの見通しを示した。ただ、家計の債務に脆弱(ぜいじゃく)性がみられるほか、不動産市場が低迷するリスクがあるとの認識も示した。

中銀は、国内銀行について、収益性が高く資産のパフォーマンスが「非常に良好な」状態で低迷期に入ったと指摘。

銀行の「スタート地点が良好」だったため、金融システムは新型コロナの影響を増幅するのではなく、吸収しやすくなっているとの見解を示した。

ブロック総裁補は「オーストラリアの金融システムは力強く、この厳しい局面とその後の回復局面で、家計と企業を十分支えられる状況にある」と述べた。

金融安定報告は、国内の主要行について、中核的自己資本(Tier1)は規制当局が「間違いなく良好」と考える水準を大幅に上回っており、収益性も非常に高く、貸し倒れも非常に少ないと指摘した。

中銀は、銀行・企業・家計が景気低迷を乗り切る上で、最近の金融緩和と積極財政が助けになるとの見方を示した。

ただ、こうした措置にもかかわらず、「今後数カ月で、企業の倒産と返済の延滞が増える可能性が高い」との見通しを示した。

住宅ローンを抱えている家計については、繰り上げ返済が1カ月未満のローンは全体の3分の1弱で、このうちの約半数は所得の急激な減少の影響を特に受けやすいという。

中銀は不動産市場にも一定のリスクがあると指摘。新築住宅の需要が減り、住宅価格が急激に低下した場合、ネガティブエクイティ(債務超過)に陥るケースが増えるとの見方を示した。

「経済面のショックのその後の回復軌道については、かなりの不透明感がある」とし「この厳しい時期と、公衆衛生上の危機を脱した後の回復局面で、家計と企業を支援できるよう、金融機関が力強さを維持することが重要だ」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  2. 2

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  3. 3

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  4. 4

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    病院赤字 不要不急の通院だった?

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    危機回避で疑問視 専門家の悲哀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  10. 10

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。