記事

新型コロナウイルス緊急事態宣言と在宅勤務推進に向けた企業の対応

5月総会の東証1部上場会社が総会の延期を決定しましたね(リリースはこちらです)。再三申し上げているとおり、私は株主や従業員の方々の安全のためには当然の措置ではないかと思います。しかし、4月総会の56社、残る5月総会の20社はどうされるのでしょうか?

さて本日(4月7日)、新型インフルエンザ等対策特別措置法(第32条1項、令和2年法4号追加-附則1条の2)に基づき、新型インフルエンザ等緊急事態宣言が発出されました(発効は4月8日午前0時)。

事業者は、政府や地方公共団体のコロナウイルス感染防止のための対策に協力する義務がありますが(同措置法4条2項)、緊急事態宣言が発出され、該当都府県の知事に(社員に対する)法的な外出制限の権限が付与されましたので(同法45条1項)、社員の在宅勤務を推進する、交代出勤制を導入する等、事業者には職務の安全性確保の必要性が高まっています。

本来、働き方改革や生産性向上を目指して、テレワークを中心とする在宅勤務制度の推進が図られていますが、このたびは事業の継続性を維持するための在宅勤務制度の導入が、大企業や中小企業といった規模を問わずに検討する必要があることから、左図のような法的アプローチが必要ではないかと考えております。

このたび、某法律雑誌の緊急特集(緊急発売)「新型コロナウイルス対応の企業法務」におきまして、コンプライアンスの視点から執筆させていただくことになりましたが、できればその要旨だけでも早めに当ブログでもお伝えしたいと考えています。不定期ではありますが、企業の有事対応としてのテレワークを中心とした在宅勤務に関連する法律問題を取扱う予定です。働き方改革の一環としての在宅勤務の論点とは、また少し変わってくるかもしれません。

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  2. 2

    新型コロナ流行で出生率に変化か

    BLOGOS編集部

  3. 3

    訪日外国人客と踊った店主たち

    ヒロ

  4. 4

    橋下氏が黒川氏処分への怒り代弁

    鈴木宗男

  5. 5

    国別死者数に見るコロナの三極化

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    海外流出防ぐ種苗法改正なぜ賛否

    ABEMA TIMES

  7. 7

    SNSの中傷 今度はきゃりーに非難

    女性自身

  8. 8

    宣言解除なら東京はステップ1へ

    ABEMA TIMES

  9. 9

    自浄能力? 支持低下の内閣に注目

    早川忠孝

  10. 10

    同調圧力に依存する日本を危惧

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。