記事

【談話】国民の皆さんへ 緊急事態の宣言にあたって



【談話】国民の皆さんへ 緊急事態の宣言にあたって

立憲民主党代表 枝野 幸男

 国内初の新型コロナウイルス感染者が本年1月に確認されてから、約3カ月が経ちました。この間に、感染によって亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を表します。また、感染して闘病されている皆さんの一日も早いご回復をお祈りし、お見舞いを申しあげます。

 本日、新型コロナウイルス感染対策の特措法に基づき、緊急事態が宣言されました。該当する地域では、知事の判断で、これまで以上の様々な制約が生じることになります。
 東京など都市部での感染者の急増、特に感染経路が不明な方の増加や、病床不足など、感染爆発や医療崩壊が目前に迫っており、緊急事態の宣言自体は必要であると考えます。
 他方で、私たちは、特措法改正案提出以前から、新型インフルエンザ特措法の適用を含め、大規模災害と同等以上の対応を求めてきました。早期に感染を予防するとともに、危機意識を醸成する観点からも、発出がこの時点に至ったことは、遅きに失したと言わざるを得ません。

 いま、日本のみならず、世界中のあらゆる地域で、医療従事者をはじめ多くの人々が、命を賭して闘っています。厳しい環境で奮闘いただいている皆さんに感謝と敬意を表し、政治のできる最大限のバックアップを実現するよう、さらに努力してまいります。
 同時に、感染拡大を防ぎ、自分と大切な人の命を守るには、一人ひとりの努力が必要です。それは、他の人々との接触を可能な限り減らすという、たいへんな困難を伴います。
 それぞれができる最大限のご協力を、この機会に改めてお願いいたします。

 活動の自粛などは、感染拡大防止という公の利益のために、一部の皆さんに無理をお願いすることに他なりません。それによって経営の継続や生活が成り立たなくなる皆さんから、悲鳴のような声が届いています。
 こうした皆さんに、適切な補償を行うことは、政治と社会の責任であり、感染拡大を防ぐ上で不可欠なことです。現状は不十分かつスピード感を欠いていると言わざるを得ません。
 私たちは、引き続き、一刻も早い十分な補償の実現を強く求めてまいります。

 1年前の4月、全国各地で、桜咲く中、入社式や入学式が行われていました。新しい生活の始まりが、いつも通り訪れる普通の春でした。
 来年の4月が、皆さんにとって、いつもと変わらぬ4月となるよう、力を合わせましょう。私たちは、「命と暮らしを守る」という政治の究極の役割と責任を果たすために、引き続き全力を尽くすことを、改めてお約束申し上げます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  3. 3

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  4. 4

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  7. 7

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  8. 8

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

  10. 10

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。