記事

初めての「緊急事態宣言」と交錯する思惑と。

1/2

遂に、2020年4月7日の夕方、新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条に基づく「緊急事態宣言」が、この国で初めて発令された。

昨日からアドバルーンを打ち上げ続け、昨日の夕刊、今朝の朝刊、今朝の夕刊、そして、一日中ニュースをジャックした末に、明日の朝刊で大々的に・・・と、発令に至るまでの経緯は、極めて広報効果が高いものだったし、午前中から発令の時に至るまでかなり念入りに手続きを踏んだ、というところもきちんとアピール。

「緊急事態宣言」といっても、所詮は「自粛要請」に過ぎないわけだから、発令前に散々言われていたとおり、これが出たからと言って、憂いている人々が多い「感染者の広範囲な移動」を封じ込められるわけでもないし、一部の人々が懸念するような「私権の制限」が現実になるわけでもない。

ただ、いざ発令となったタイミングでは、実に多くの飲食店、高級小売店や娯楽施設が、雪崩を打つように続々と長期にわたる休業を発表。

さらにこれまで「在宅勤務(もしてます)」的なスタンスで体裁を取り繕っていた会社がかなりの部分で「本気の在宅勤務」に切り替えたり*1、不要不急の裁判期日*2が全て飛んでしまったり、と、そこまでやるか?と思わせるような意外な展開になっている。

既に「COVID-19」問題が日本をざわざわさせ始めてから2か月以上。

実のところ、世の中には今日に至るまで、「自粛」に飽きたと街に繰り出した人々の数より、「引きこもりたいけど、諸般の事情でこもれない」人々の方がはるかに多かったんじゃないか、と思わせるような状況もあった。

本当は会社になんて行きたくないけど、上層部がうだうだ判断しないものだから、毎日気もそぞろで会社に足を運ばざるを得ない。先週来の都内の感染判明者数の激増や、馴染みのある芸能人の不幸なニュースで職場の空気もざわつき始めているのに・・・という不満が溜まっていた会社にとって、この「緊急事態宣言」は、何かを切り替える絶好の機会だったはずだし、目に見えて減りつつあった都会の通勤電車の乗車率は、明日以降また一段と下がることだろう。

そして、営業を続けても人件費で赤が出るだけなのに、お客さんの期待もあって、なかなか営業を止めるに止められなかった多くの事業者にとっても、今回の「宣言」は、出血を最小限に食い止めて反転の機が来るまで耐え抜く、という暫しの撤退戦に踏み切るには千載一遇の機会だったといえる*3

とはいえ、ちょっと前まで「震源地」だった東京都よりも、ここ数日はその周辺自治体だったり、大阪、福岡といった別の主要都市圏の感染判明者数増加のニュースの方が目立つようになっているし、バスに、新幹線に乗って「東京からの避難者たち」が全国に拡散することで、感染者分布が変わってくる可能性もある。

何よりも、「緊急事態宣言」が効いて、電車の中の混雑度が下がり、街中の人口が減れば減るほど、対象都市が安全になる、という皮肉な現象が起きるわけで、「これまでひたすら家の中に引きこもっていたが、今日の宣言を境に街に繰り出す人*4」が、実は一番の「勝ち組」なのではないか、と思えるようなところすらある。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。