記事

緊急事態宣言 尾身先生帯同 イタリア人、ニコ動の質問が良かった

安倍首相が緊急事態宣言を発令しました。医療者への言葉が最初に出た演説でした。

今回一番良かったのは尾身先生を帯同していたことでしょう。おかげで言葉の信頼性が増しました。



早速自衛隊が患者をホテルに移送しています。今後もし患者が増えていけば昨日の記事のように病院も作っていくでしょう。そこで働くのは自衛官の医療者のようですが

今回イタリア人記者の質問でもあったように、ロックダウンを伴わないことに欧米からは批判が出ています。そしてこの賭が失敗したら責任をとるのかという質問に、死亡者数、感染者数を明示し、専門家と協議しておこなっていることを根拠としながら辞めないと堂々と答えました。

またニコ動の質問、人工呼吸器のトリアージを行う想定はあるのかという質問に、可能性を否定せずそのような場面をつくらないようにしたいと答えていました。これも素晴らしい回答だったと思います。

まだ細かいところで自治体との調整ができていないようですが、なんとなく緩く見えるけど、患者数、死亡者数が少ない日本のやり方で最後まで頑張っていく予定のようです。(実際今日の東京の患者数増えてないからな。)

尾身先生のこの言葉を疑いながら信じています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。