記事

田嶋陽子氏、女性に「男らしさ」の重要性説く 舛添氏もエール

1/2
「男らしさ」にももの申す田嶋陽子氏(撮影/菅井淳子)

政治家としても活動した(時事通信フォト)


 今、田嶋陽子さん(79才)を再評価”する声が日増しに高まっている。きっかけは2019年秋だった。創刊まもないフェミニスト雑誌『エトセトラ』が「We Love 田嶋陽子!」と銘打って一冊丸ごと田嶋陽子特集を組んだこと、そして1992年に出版された田嶋さんの著書『愛という名の支配』が新潮文庫で復刊されたことを機に、新聞、ラジオ、雑誌などが続々と田嶋さんをフィーチャーするようになったのだ。いまなお不平等が残る時代に女性はどう生きるべきか。

【写真】国会議員として国会議事堂の前に立つ田嶋陽子氏

 カギを握るのは「男らしさ」だと田嶋さんは主張する。

「男らしさには、『指導力』や『経済力』『積極性』といった自立のための要素が含まれるのに、女らしさに含まれるのは『気遣い』『思いやり』『優しさ』といった主体性がなく他人を支える要素ばかりです。男にとって都合がいいからそうなったわけで、女性が女らしく生きても男に仕える人にしかなれず、自立はできません」(田嶋さん、以下同)

 だからこそ女性は「こっそり男らしく生きる」ことが必要になると田嶋さんは説く。

「マナーは女らしくても生き方は男っぽい方がいい。女はもともと“人間”ですから、自分のなかにある男らしさが育てば、自立した人間になれます。抑圧されて意地悪になった女性でも、その“意地悪さ”を男らしさに転換すると“統率力”や“リーダーシップ”になる場合だってある。ただし私みたいに大っぴらにやったらいじめられるから、“こっそり”が大切ね」

あわせて読みたい

「フェミニズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    宣言解除で再び出社させられる謎

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。