記事

「緊急事態で行政の権限が相対的に大きくなっている時だからこそ、国会における監視機能はより強められなければならない」枝野代表

1/2

 枝野幸男代表は7日、安倍総理が新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を発令する意向を表明したことを受け開催された委員会での質疑後に会見を開きました。

 冒頭、緊急事態宣言にあたって国民の皆さんに呼びかけるメッセージを発信しました(談話 [https://cdp-japan.jp/news/20200407_2813] を参照)。

 その上で、委員会での質疑について(1)検査体制を充実させ感染者を一日でも早く見つけることが重要だとして、体制強化の実現時期や人員増強を含めた具体策を求めたが、答えをいただけなかった(2)経済的な支援については、財産権の保障や最低限の生活を保障している憲法の趣旨を踏まえた政治の責務ではないかと申し上げたが、基本認識がまったく欠けていた(3)最悪の事態を想定して対応することが求められると申し上げたが、想定等についてまったく答えをいただけなかった――と振り返りました。

 そして、「緊急事態により、行政の権限が相対的に大きくなっている時だからこそ、国会における監視機能はより強められなければならない」「その責任を担うのは野党の責任」「協力すべきことは協力する一方で、足らざること、誤っていること、遅れていることについては厳しくこれからも指摘をし、改めさせていくべく最大限努力をしていく」と決意を語りました。

 記者からの主な質問とその回答(要旨)は以下のとおりです。

Q:政府の緊急経済対策についての受け止め、特に1世帯30万円という政策についての所見を

 今伝えられている支給対象者が、あまりにも低い水準すぎて、ほとんどの方が対象にならないと思われる。さらに元々の所得が少し違うだけで、片方は受け取れる、片方が受け取れないという矛盾も生じるとの指摘を受けている。
 簡便な手続きと言っているが、現実に対応にあたるのはおそらく地方自治体の皆さん。本当にこの事務手続きや処理ができるのか、処理ができるとしていつできるのか。
 30万円だけが踊り、多くの皆さんが支援を受けられるという誤ったメッセージを出していることを大変強く危惧している。
 今日の委員会でのやり取りの中でも時間との戦いだと申し上げた。迅速に生活を支えるという観点から、一律給付をした上で、課税対象として税で所得の高い方については事後的に対応をしていく事しかないと思っている。

Q:緊急事態宣言により一部基本的人権が制限される内容もあるが、今後野党として、こうした大きい力をもつ宣言が適切に運用されるかどうか、どのようにチェックしていくか

 主権の制限を皆さんおっしゃるのですが、平時においても私たち個人のそれぞれの人権は、人権のぶつかり合いの中で制約をされている。緊急時などにおいて、その制約の度合が大きくなるという違いでしかない。
 特に今回の新型インフルエンザ特措法に基づく私権の制約については、医療施設を作るための土地などの収用などを除くと、平時において一般に行われている基本的人権のぶつかり合いの観点と比べて、ほとんど差異の無いものだと受け止めている。
 したがって、そういう観点が問われているのではなく、この宣言がなされることの社会的効果として、営業停止をせざるを得ない、自粛せざるを得ない、そのことによって生活の糧を失う、事業の継続ができない方をどう支援していくのか、こちらこそが争点だと思っている。

Q:経済的支援について、自粛と補償はセットだという話だが、代表が考える補償の内容・規模感は

 感染拡大を防ぐという公の利益のために特定の方々に無理をお願いするので、憲法の財産権保障の観点からも補償とセットでなければならない。
 規模については、この状況がどれくらい続くのかによって変わっていく必要がある。したがって、単発でいくらということを考えるべきではない。今はとにかくできるだけ多くの金額をしっかりと支払うこと。
 時々、混同されるが、定額を全員に支払うことで生活を最低限支えることと、事業継続が困難な事業を継続的に行うための補填の両面があるので、一概に規模の話をするべきではない。むしろ仕組みとスピードが問われるべき。

Q:経済対策の関連で、消費税減税、もしくは消費税をゼロにすることについての考えは

 今、仕事を失って収入が断たれたという方がたくさん出ておられる。収入が断たれて、この状態が継続をすれば、従来は利益があがっていたのに事業を止めざるを得ないという方が山ほど出ている。
 この人たちにキャッシュをどうやって流すのか、今政治はこのことに徹すべき。

Q:それは、併せてやればいいのでは

 今、キャッシュが流れるということすらこの政権はやっていない。そのことに全力を上げたいと思う。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  4. 4

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」を降板か

    女性自身

  6. 6

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  7. 7

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  10. 10

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。