記事

7年半も放置された「数学の証明」…大天才が戦って得た栄冠

2013年11月、講演する望月教授

 京都大学は4月3日、同大・数理解析研究所の望月新一教授(51)による「ABC予想」を証明する論文が、数学専門誌に掲載されると発表した。これまで35年間、誰も証明できなかった超難問が、ついに解かれた、歴史的快挙だ。

 だが、この論文を望月教授が発表したのは2012年8月。つまり、査読を経て「誤りがない」と認められるまで、7年半もかかったのだ。なぜこれほど長期化したのか。

 ひとつは、望月教授が10年以上の歳月をかけて構築した、「ABC予想」を証明する際に軸となる「IUT理論」が、あまりに革新的な内容だからだ。望月教授自身、「『IUT理論』を理解するのには、専門家でも “半年弱程度の努力” が必要だ」と認めている。

 さらに、論文への無理解、批判もあったようだ。2020年1月には、望月教授が自身のブログで、論文が実質 “放置” されており、「海外の数学界の(中略)妨害活動」が存在するとまで訴えていたのだ。

 天才数学者は異例の戦いを長期間続けて、この栄冠をついに勝ち取った。まさに、あっぱれ!

写真・朝日新聞

(週刊FLASH 2020年4月21日号)

あわせて読みたい

「数学」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。