記事

グリシャム米大統領報道官が辞任、会見一度も開かず


[ワシントン 7日 ロイター] - 米ホワイトハウスのグリシャム大統領報道官は7日、同ポストを辞任し、メラニア大統領夫人担当の首席補佐官に就任すると発表した。

グリシャム氏はショーン・スパイサー、サラ・サンダース両氏に続く3人目の大統領報道官で、就任後はトランプ大統領の指示の下、一度も定例記者会見を開かなかった。

後任には、トランプ大統領再選に向けた選対本部の広報担当を務めるケイリー・マケナニー氏が就任する見通し。

グリシャム氏は報道官のほか、コミュニケーション・ディレクターも兼任しており、関係筋によると、国防総省のアリッサ・ファラー報道官が、戦略コミュニケーション・ディレクターに指名される見通し。

今回の人事は、メドウズ大統領首席補佐官が進めるホワイトハウスの広報体制の刷新の一環とみられる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  8. 8

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

  10. 10

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。