記事

アングル:外出自粛で「巣ごもり特需」、供給ひっ迫で頭打ちも


平田紀之

[東京 7日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大で日本経済は落ち込みが避けられそうにないが、任天堂のゲーム機の販売が大きく伸びるなど、「巣ごもり特需」とみられる現象も起きている。ただ、感染症の広がりで影響を受けた生産が全面回復せず、今の勢いが続くかどうかは不透明だ。

ゲーム誌「ファミ通」が7日に発表した3月の国内家庭用ゲームソフト・ハードの売り上げデータによると、任天堂の主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売台数は83万台超だった。昨年の年末商戦の約113万台に次ぐ規模で、前年同月からは実に2.8倍となった。

「ファミ通ゲーム白書」の上床光信編集長は「巣ごもり需要の側面もあるだろう」と分析する。

3月分の集計期間は2月24日─3月29日の5週間。この間は、東京都などの休日の外出自粛要請や、企業によるテレワーク、児童・学生の自宅学習の動きが広がった。

すでにモデル終盤に差し掛かっているソニーのゲーム機「プレイステーション4」も、1月の週当たり販売台数6000─7000台程度に比べ、3月はほぼ倍増した。

スイッチの場合、3月に発売された人気シリーズ「あつまれ どうぶつの森」の最新作が、10日間で約260万8000本を売る大ヒットとなったことも、ハードの売り上げを押し上げた可能性がある。

そしてそのどうぶつの森自体が、巣ごもり需要の恩恵を受けた節がある。過去のシリーズは発売1週目の販売が50─70万本。それが今回は180万本超と大きく伸長した。

<デジカメや双眼鏡は対照的>

巣ごもり需要の兆候は、ゲーム以外にも見られる。調査会社BCN総研によると、テレビに接続してインターネット動画を視聴できるようにする米グーグルの「クロームキャスト」の販売は、2月半ばから前年同週比で伸び、3月最終週には同4倍弱となった。

一方、卒業式や入学式でのニーズが見込まれるデジカメや家庭用ビデオカメラは半減している。コンサートやスポーツ観戦で使う双眼鏡、海外旅行へ持っていく人が増えている音声翻訳機は6─7割減となり、対象的だ。

ニンテンドースイッチは発売から3年を経て再び販売が急拡大した格好で、ゲーム業界関係者に言わせると「異例の事態」だという。エース証券経済研究所の安田秀樹シニアアナリストは、「今買っているのはもともとゲームをしていた人ではなく、本来ゲームをしていなかった人たちだろう。新規ユーザーが掘り起こされているのではないか」と分析する。

<中国生産の一時停止が影響か>

しかし、こうした「巣ごもり市場」の勢いがどれほど続くかはわからない。米アップル<AAPL.O>のiPadのようなタブレット端末は3月にかけて堅調に推移したが、足元では失速気味だ。

BCN総研の木下智裕部長は「在庫が不足してきたためではないか」と指摘する。家電量販店関係者は「テレワークや自宅学習が広がり、在庫が足りない。次の入荷時期も見えにくい」と話す。

実際、任天堂はこのほど、主力機のスイッチと携帯用のライトの国内出荷を一時停止した。予約分を除いて今週は出荷せず、来週以降については改めて発表するとしている。

任天堂は理由を明らかにしていないが、スイッチの生産を委託している中国の工場は2月、現地での新型コロナ感染拡大を受けて生産が一時的に滞った。生産は再開しているものの、事情に詳しい関係者によると、「まだフル稼働とはいえない」という。

任天堂は昨年からベトナムでも生産しているが、依然として中国での生産比率は高い。エース経済研の安田氏は、「残念ながら4月はそれほど供給できないのではないか」と指摘する。

任天堂の広報担当者はロイターの取材に対し、回答を控えた。

(編集:久保信博)

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。