記事

医療崩壊を防ぐには軽症者の解放しかない

コロナの軽症者や、無症状の人に病院のベッドを占拠されているため、通常の肺炎患者がたらい回しされていて、肺炎難民になっているらしい。

玉川徹がコロナの死者が日本だけ異常に少ないのは、通常の肺炎死者数に、コロナ肺炎死者を入れて、隠蔽しているからだと陰謀論を言おうとしていた。
それが陰謀論だということを今日配信のライジングで泉美木蘭さんが精密に検証している。
デマを先回りして封じておかねばならない。

もともとコロナの陽性者をすべて入院させるという政策が暴挙で、続ければ医療崩壊は免れない。
そこで今度は自宅療養やホテルやテントなどの隔離施設に軽症者を移動させようとなったのだ。

しかし「指定感染症」の患者を隔離できるのは、病院・診療所だけで、ホテルなどの施設を使うことは出来ない。
法的には「要請」するしかなくなるだろう。
どっちみち、ホテルや隔離場所でも、看護師の常駐や、医者の診療も必要になるから、医療崩壊の原因になる。

現在、保健所は電話が鳴りっぱなしで、コロナの対策そのものに支障が出ている状態らしい。

わしは医療関係者の負担を減らすべしと言っているのであって、重症者を救うことのみに専念させるべしと言っているのである。
コロナ以外の患者も診なければ、通常の肺炎患者の難民が出るようじゃ本末転倒だ。
医療崩壊を防ぐためには、80%の軽症者を解放しろとわしは言っているのである。

だが政府や都知事は絶対、隔離するだろう。
その原因はしょせん東京オリンピックなのだ。
だが果たして、一年経てばコロナは消え去るか?
無理だとわしは言っている。インフルエンザのようにコロナと共存するしかなくなるのだと、わしは言っているのだが、もはやわしの意見は封じられている。
この「ゴー宣道場」サイトの中に隔離されている状態なのである。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。